カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡丹ざんまい

botan140426-1.jpg
(ピンクの牡丹が好き・・・2014年4月26日、
千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)


牡丹がそろそろ見頃を迎えるはず、と電車で一時間弱の清水公園「花ファンタジア」へ。
9時の開門と同時に、牡丹園へまっしぐら。
遠目からもちらほらと赤やピンクが目につく。
まだまだ蕾が多かったが、それでもけっこう花を開いている株もあって、ほっ。




botan140426-2.jpg
(薄紙のような花びらも美しい)


朝から初夏のような陽気で、お日様ピカピカ。
晴れているのはうれしいが、花を撮るにはちょっときつい。
花曇のような柔らかな日差しがいいなぁ、などとつぶやきつつ
園内を回る。




botan140426-3.jpg
(牡丹といえば、華麗な赤紫色)




botan140426-4.jpg
(蕾も花開いたさまも、全て美しい)



係りの方が大きな袋を持ちながら、せっせと萎んだ花柄を摘んでいた。
花が美しく見えるのは、こうしたお世話のたまものと感謝、感謝。



botan140426-5.jpg
(赤とピンクの咲き分け)


この株は背が高いので、園内の一角にある花見台から望遠レンズで撮ってみた。




botan140426-6.jpg
(初夏の陽光を浴びて咲き誇る)




botan140426-7.jpg
(お寺の牡丹は、また風情がいい・・・清水公園内、
慈光山金乗院にて)

帰り道、いつもお参りするお寺さんによってみたら、
こちらの牡丹は満開。
公園の牡丹とはまた一味も二味も違う美しさに、また
しばしときを忘れた。



botan140426-8.jpg
(みんなでおしゃべりしているみたい)




botan140426-9.jpg
(真紅の花色も美しい)




botan140426-10.jpg
(牡丹には、やはり和風なバックがよく似合う)


牡丹園のはしごをして、半日、こころゆくまで牡丹ざんまい。
なのに、帰りの電車では、また別のところで牡丹を見たいなと
次の行き先を思案。
「百花の王」と讃えられる牡丹の魅力は尽きない。











★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1012-a5849630

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。