カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

八重藤の下で

fuji140426-1.jpg
(遠目にも紫が鮮やかな藤。そばに行ってみたら、甘い香りを漂わせていた
・・・2014年4月26日、千葉・野田、清水公園「花ファンタジア」にて)




fuji140426-2.jpg
(おっ、八重の藤みっけ!初めてみた。名前もそのまま、‘八重藤’)


牡丹ネモフィラも堪能して、そろそろ帰り道。
菖蒲田のある池沿いに歩いていたら、珍しい藤を見つけた。
花のひとつひとつがぷっくりとふくらんでいるかのようで、なんとも愛らしい。
その名も「八重藤」。初めて見た。まだまだ知らない花ってあるんだな。

カメラを向けてシャッターを切ろうとしたら、あれ、切れない!
あせって液晶を見たら、電池マークがチカチカ、ゼロになっていた。
いつもなら、電池の消耗具合をチェックしながら撮るのに、今日は
撮るのに夢中で一度も見なかった。

電池を交換していたら、頭上の柳で小鳥がいい声でさえずっている。
すれ違った女性に、「いい声ですね」と声をかけたら、「ホオジロかしら」。
お返しに、八重藤を指差したら、その人もここにはよく来るけど初めて見た、と
喜んだ。

それから話が弾んで、花のこと、鳥のこと、いっとき楽しいおしゃべり。
また出会えたら声をかけてくださいね、と約束して別れた。
ここで電池が切れたから出会えたのかもしれない。


fuji140426-3.jpg
(花のひとつひとつが、ぷっくりとふくらんでいるかのようで
なんとも愛らしい八重藤)




fuji140426-4.jpg
(さらに行くと、今度は可憐なピンクの藤を見つけた。
名前は分からなかった。
さっき出会った人も見たかしら)











★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1014-e5a20b9b

 | HOME |  ▲ page top