カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

小石川植物園の花菖蒲

hanasyoubu_s140603-1.jpg
(こちらもかなり咲いていた・・・2014年6月3日、東京・文京、小石川植物園にて)



hanasyoubu_s140603-2.jpg




hanasyoubu_s140603-3.jpg




hanasyoubu_s140603-4.jpg



hanasyoubu_s140603-6.jpg
(黙々と、手入れが続いていた)





ガイドを片手に汗をふきふき、小石川後楽園から小一時間かかって
ようやく、お目当ての小石川植物園にたどりついた。
正式には、東京大学大学院理学系研究科付属植物園という。

閉園は午後4時30分というので、正味いられるのは1時間くらい。
広大な敷地に一歩足を踏み入れた途端、とても短時間で回りきれるものではない、と
呆然としそうになったが気をとり直して、奥まった日本庭園にある花菖蒲園へ。

植物の研究施設らしく、どの木、どの草花にも全て名札がついている。
思わず足を止めて確かめたくなるが、今日はがまん、がまん。

うっそうとした林を抜けると、白や紫の点々がみえてきた。
あぁ、花菖蒲がいっぱい咲いている!
涼しげな色合いに、それまでの疲れも消えていくよう。

菖蒲田では、黙々と花の手入れをする人たちの姿が。
花菖蒲は、人に手入れされてこそ美しく咲く。

風に揺れる花菖蒲を眺めながらまったりしていたら、4時のチャイム。
そろそろ出口に向かわないと・・・。
今度は早目に着いて、ゆっくり園内を巡ってみたい。

後楽園から植物園へと、小石川の花菖蒲をはしごして見たが、
花の美しさもさることながら、両園の存在に感動した。
都心によくもこんなに広く豊かな緑が残されたものだ!と。
後楽園は歴史と風格をかもしだし、植物園は自然味たっぷりに。

一日二カ所のはしごはかなりハードだったが、がんばって歩いてよかった。







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1036-eff4e31b

 | HOME |  ▲ page top