FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

楽しい、アンテナショップ巡り

nemesia170305-1.jpg
(最近のお気に入り、ネメシア。
去年はよく咲いてくれて、今年も青々と葉が茂っている。
寒さに負けずに、咲いてくれるだろうか。

※写真は、2017年3月5日、千葉・鎌ケ谷にて)



ueui180206-1.jpg
(山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」でみつけた、山菜のうるい。
おひたしにするつもりだけど、あまりに瑞々しい色合いなのでパチリ
・・・2018年2月6日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日は、久しぶりに銀座ウオーク。
銀座1丁目にある、高知県、山形県、広島県の
アンテナショップ巡りを楽しんだ。

アンテナショップでは地元特産の珍しい食材が見られるので、楽しい。
ちょうどお昼時だったので、高知のレストランでランチ。
切り口が輝くように美しい鰹のたたきを始め、珍しい野菜や魚の皿鉢が並ぶ。

さらに、メニューをみていたら、銘酒「司牡丹」の立春朝搾りが飲めるという。
めったに出合えない縁起物なので、味わってみた。美味!

おみやげに買ってきたのは、高知・四万十のせり、山形のうるい、
白いたわしみたいな山伏茸、かわいい生なめこ、
それに、高知の鰹角煮、鰹だし醤油と四万十川のりの佃煮、などなど。

うるいは、瑞々しい山菜でおひたしにするとおいしいという。
鰹だし醤油をかけてみようかな。

山伏茸は中華風に炒めてもおいしそう。
明日、じっくり調理法を考えてみよう。

三か所目の広島県にもおいしそうなのがいっぱいあり、
その上、広島焼きやラーメンのお店もいい匂いだった。
が、お腹はいっぱい、両手は高知と山形の買いものでいっぱいだったので、
泣く泣く、諦めた。
次のお楽しみに、とっておこう、っと。

夕食は、簡単に、ということでお土産の中からセレクト。
鰹の角煮をメインディッシュに、うるいのおひたしに鰹のだし醤油がけ、
四万十川のりの佃煮で、決まり。

うるいをおひたしにするために袋から出してみたら、
あまりの瑞々しい色合いに手が止まり、まずはカメラでパチリ。
食べやすい長さに切って、熱湯でさっと茹でて鉢へ。

鰹ものりもおいしかったけど、一番の感動はうるいだった。
鰹だし醤油をかけても、のりをちょんちょんとつけても、
そしてそのままでもシャキシャキとして、くせがなく、甘みがある。
もう、すっかり大ファンになってしまった。

うるいは、今までも見かけたことはあったが、食べ方が分からず手が出なかった。
なんと、もったいないことを・・・。

さて、明日の山伏茸はどんな味なのかな。今から、楽しみ♪





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1383-eb54b7b5

 | HOME |  ▲ page top