FC2ブログ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

新潟の味、真鱈(まだら)の天ぷらと、ぎばさの酢の物

tubaki170403-1.jpg
(紅椿は、今年もこれでもかというくらい、たくさん咲いてくれている。感謝!

※写真は、2017年4月3日、千葉・鎌ケ谷にて)



今日もいくつかの用事で船橋へ。
全てを終えて、向かった先は、すっかりなじんだ駅ビルの生鮮市場。
生きのいい魚と瑞々しい野菜がお目当て。

野菜売り場で目に入ってきたのは、「うるい」。
山形県のアンテナショップで知り、すっかり好物になった。

新潟寺泊港直送の魚売り場では、いつもなら端から端までじっくり
魚の顔を見て回るのに、今日は、いきなり、決まり!
きれいに捌かれた真鱈が一尾分、大きなパックにぎっしり。
しかも、お値段がワンコイン。
二回は食べられる量だ。

ついでに、前から気になっていた新潟の海藻「ぎばさ」も。
めかぶのように、酢の物にするとおいしいらしい。

帰りの道々、さて、どうやって食べようか、あれこれ考える。
鱈ちりという寒さでもないし、そうだ、ムニエルにしよう。
が、家に帰りついた途端、そうだ、天ぷらがいい!

早速、パックを開けたら、上段にきれいに身が並び、
下段には、あらがぎっしり。
こちらは冷凍しておいて、アラ汁にしよう。

さくさくっと天ぷらに揚げた後に、衣が残ってしまった。
捨てるのももったいないし、と、テーブルを見たら、うるいのパック。
こちらはお浸しの予定だったが、急遽、揚げてみることに。
山菜なのだから、きっとおいしいに違いない。

長い茎を三等分して、少しずつ、ばらけないように
割りばしで抑えながら揚げる。
味見しみたら、うるい独特の風味があってうまい!

ぎばさは、よく洗って、さっと色が変わる程度に茹で、冷水で洗い、
気長にトントン刻むと粘りが出てきて、めかぶと一緒。
ポン酢で和えて、味見したら磯の味。
食べるときに、しょうがのしぼり汁をちょっと垂らしてみよう。

今夜は、新潟の味&山形の味、楽しみ、楽しみ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1418-56b923c4

 | HOME |  ▲ page top