FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

夏競馬イン福島

mid_passion090705-1.jpg
(ノーノーネヴァーの孫、ミッドパッション。
父デュランダル、母ユールネヴァーノー。
1R2歳未勝利戦4着・・・2009年7月5日、福島競馬場にて)



mid_passion090705-2.jpg
(直線。鞍上は柴山雄一騎手)



integral_head090705-1.jpg
(優勝馬はインテグラルヘッド。父サクラバクシンオー、母インテグレート)



frenchi_doll090705-1.jpg
(3R3歳未勝利優勝馬、フレンチドール。父フレンチデピュティ、母ワルツダンサー)



tenri_count090705-1.jpg
(人も馬も白一色で涼しそう・・・誘導馬テンリカウント、お尻だけ見えているのは
オンワードホワイト)




denko_musashi090705-1.jpg
(4R3歳未勝利戦の返し馬・・・小島太一騎手を背にデンコウムサシ。
父マヤノトップガン、母マジカルライト。9着)




mad_max090705-1.jpg
(内田博幸騎手を背に、マッドマックス。父シンボリクリスエス、母テールトゥノーズ。
12着)




kichiroku_lenan090705-1.jpg
(二本柳壮騎手を背に、キチロクレナン。父タニノギムレット、母ブルーブロッサム。
15着)




kocha090705-1.jpg
(コチャ、勝浦正樹騎手に導かれて先頭ゴールイン!父キングカメハメハ、
母リーガルウェイズ)




kocha090705-2.jpg
(ウイナーズサークルに立てる歓び・・・人も馬も)



great_sum090705-1.jpg
(シャドウロールのヘアバンド?!グレイトサム君。父ヤマニンセラフィム、母リセッシュ。
5R2歳新馬戦9着)




apapane090705-1.jpg
(超垢抜けてみえたアパパネ。父キングカメハメハ、母ソルティビッド。3着)



apapane090705-2.jpg
(がんばって!)



apapane090705-3.jpg
(騎乗合図。目の前で止まってくれた)



apapane090705-4.jpg
(パートナーは蛯名正義騎手。心強いかぎり!)



apapane090705-5.jpg
(返し馬)




apapane090705-6.jpg
(勝利に向かって・・・)



apapane090705-7.jpg
(集合合図がかかった。いよいよスタート!)



apapane090705-9.jpg
(ゲートに向かう)



apapane090705-10.jpg
(直線)



a_shin_turb090705-1.jpg
(9R南相馬特別の返し馬。吉田豊騎手を背に、エーシントゥルボー。
父Broad Brush、母Tennessee Girl。5着)




tatsu_cool090705-1.jpg
(松岡正海騎手を背に、タツクール。 父Castle Gandolfo、母Baba Cool。3着)




tatsu_cool090705-2.jpg
(後方から大外強襲、タツクール)



keiai_dosojin090705-1.jpg
(いよいよラジオNIKKEI賞。ケイアイドウソジン。父キングカメハメハ、
母ブリーダーズフライト。7着)



shiny_desert090705-1.jpg
(シャイニーデザート。父ネオユニヴァース、母ポルベニル。10着)



sunny_sunday090705-1.jpg
(サニーサンデー。父マーベラスサンデー、母サニークラッシック。2着)



i_ko_piko090705-1.jpg
(一番良くみえたイコピコ。父マンハッタンカフェ、母ガンダーラプソディ。4着)



strong_return090705-1.jpg
(返し馬・・・内田博幸騎手を背に、ストロングリターン。
父シンボリクリスエス、母コートアウト。3着)
 



keiai_dosojin090705-2.jpg
(吉田豊騎手を背に、ケイアイドウソジン)



i_ko_piko090705-2.jpg
(田中勝春騎手を背に、イコピコ)



strong_garudat090705-1.jpg
(蛯名正義騎手を背に、ストロングガルーダ。
父ダンスインザダーク、母フェニックスバード。1着)



i_ko_piko090705-3.jpg
(さぁ、ゲートイン!)



i_ko_piko090705-4.jpg
(直線。優勝馬ストロングガルーダがイコピコに迫る)







今日は日帰りで福島競馬場へ。
シングンレジェンドの抽選落ちでトーンダウンしたものの、やはり夏競馬の魅力は捨てがたく
3時起きして始発の電車に乗り込む。

一年ぶりの福島駅には、どーんと等身大のサラブレッド・フィギアがお出迎え。
今日一日楽しめますように、馬たちが無事にレースできますように、と鼻先をナデナデ。
競馬場に着くと、開門にはまだだいぶ時間があるというのにすでに長蛇の列。
8時50分の開門と同時に、いつもの席、4コーナーよりのガラス張り2階席をゲット。
と、あちこちからタバコの煙がゆらり、ゆら~り。

えっ、ここって禁煙じゃなかったっけ?
よく見ると、椅子の背もたれに、ごていねいにひとつずつタクシーについていたような灰皿が
ついている。
まるで、どうぞすってください、と言わんばかり。
移動したかったが、今から禁煙席を探そうにもたぶん無理だろうな、それに禁煙席があるか
どうかも確認していないし・・・。
それに殆ど席を温めているひまはないから、ま、いっか。

山々を正面に望み端から端まで見渡せるこじんまりとした本馬場に立つと、福島に来たぁと
しみじみ実感する。
芝に黒鹿毛、ダートに芦毛とゴール板の三春駒も胸を張っている。
青々と茂ったターフの緑が目にしみる。それに、なんという近さ。

パドックに行くと、あ、いたいた。
片手にビール、片手にきゅうりのおじさん。おいしそ。
う、でも、まだレースも始まってないんですけどぉ。

パドックに馬たちが出てきた。
久しぶりに生で見る競走馬たち、うーん、これだけでも福島に来た甲斐があった。
1、2レースと観て5レースの新馬戦に備えて早めのお昼。
地下のお蕎麦屋さんで、いつものきのこ山菜蕎麦を注文し、大ボールに山盛りになった
サービスの大根おろしをたっぷりのせる。
暑い夏には、これが一番。
と食べ終えようとした頃、3レース出走馬の本場場入場アナウンスが聴こえてきた。

「14番、マエストラーレ」、マ、マエストラーレ?!
ああ、チェックもれてたぁ。福島に出ていたんだ。
あわてて、馬場へ出てスタートを待つ。どうか、今日こそ勝てますように・・・。
結果は、またまた惜しくも2着で残念無念。
マエストラーレは、むらさきのわたりを揺らしながらひきあげてきた。次こそ!

新馬戦は、アパパネという牝馬にひとめぼれ。超垢抜けている。
結果は、こちらもよく見えた同枠のロードシップが勝ち、アパパネ嬢は3着と涙をのんだ。
まだまだ始まったばかり、これから、これから。次はどこで再会できるかな。

誘導馬スギノグレイジーンも、元気に仕事に励んでいた。
元気な姿を見られて本当にうれしい。

一息いれようと席に戻ると、周りも真後ろの人も喫煙中。
ほんの少しいただけで息苦しくなり、早々に離れる。
後でメインレースが終わり帰る頃には、スタンド中がタバコのけむりと臭いに包まれて、
もうもうとしていた。
中には、歩きながらすっている人もちらほら。
室内や公共の場での禁煙や分煙が進んでいる今、すごく異様な光景に映る。
パドックは禁煙となっていて、ほっとしたが・・・。

これって、早くなんとかならないのかなぁ。
私みたいな地べたリアンはまだ逃れる場があるけど、一日中座っている人は
たまったものじゃないだろう。
夏競馬♪、夏競馬♪とCMで誘っておいて、来て見れば紫煙モクモクだなんて・・・。
もちろん喫煙は個人の自由だけど、喫煙する人もしない人も快適に過ごせるよう、
しっかり分煙してほしいものだ。

気をとり直して7レースのパドックを観ていたら、ポッピイという黒い馬の様子がなんか変。
出てきたときはなかなかいい馬だなと見ていたのに、馬っ気を出し始め、それが治まらずに
どんどんエスカレートしてゆき、厩務員さんの押さえもきかない。
何度も立ち上がるそぶりをみせ、引き手はもとより周りの人馬にもぶつかりはしないかと
気が気ではない。
どうにかしないのかと見ていたら、やっと引き手が増えて二人引きとなって安心したのも
束の間、いきなり立ち上がりそのまま、あとから引き手になった人に覆いかぶさって
倒してしまった。
はがいじめのような格好の中から、やっと転がり出てきたが、メガネが飛ばされていた。

馬っ気を出している姿は時々目にするが、回っているうちに収まる。
こんな姿は初めてで、もうほかの馬を観るどころではない。
その後も何度も立ち上がり、人に覆いかぶさろうとするが、それでも結局最後まで
歩かせていた。
もし、引いている人やほかの人馬に怪我でもさせたらどういうことになるのだろう。
こういうときの決まりはないのだろうか。
ポッピイ君、今度はお行儀良く出てきてネ!せっかくのイケメンが台無しだったよ。

またまた気をとり直して、8レース。
フブキジョウの娘シュンカジョウの出番だ。
しっかりした体つき、りこうそうな顔には大きな星。
母さんもたくましかった。パドックで思わず股間を覗き込んだことを懐かしく思い出す。
レースは惜しくも3着だったが、直線グイと伸びた脚がすごい。こちらも次が楽しみだ。

メインのラジオNIKKEI賞は、マンハッタンカフェの息子イコピコとダンスインザダークの
息子ストロングガルーダに期待。
結果はガルーダに軍配が上がり、イコピコは4着に敗れた。
ガルーダはもちろん、イコピコも秋の活躍を期待しているよ!

夏の福島はここまで。
最終までいたかったが、新幹線に間に合わない。
急ぎ足で競馬場を後にした。

一日中晴れて風が爽やかな福島だったが、メインの始まる頃から黒い雲が現れ、
福島駅に向かって歩き始める頃にとうとう雨が降り出した。
文字通りバケツをひっくり返したような土砂降りの中、やっとのことで駅にたどり着き、
新幹線ホームにあがって外を見たら、誰も傘をさしていない。
ヴェーン、一体、さっきの大雨は何だったの!?

梅雨らしい馬旅のエンディングとなったが、たっぷり生の馬たちとレースを間近で観られて
大満足。
そして来年は、きっとあの席も禁煙になっていることを期待して・・・。






コメント

当日の

写真をアップしました。

シュンカジョウとマエストラーレ(^0^)/

本日8月1日(土)、新潟競馬にシュンカジョウとマエストラーレが出走します。

マエストラーレは3R3歳未勝利戦に松岡正海騎手で、
シュンカジョウは8R3歳500万下戦に田辺裕信騎手で。

マエストラーレには未勝利脱出を、シュンカジョウにはさらなる前進を願って
応援しま~す(^0^)/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/163-eb373bf1

 | HOME |  ▲ page top