FC2ブログ

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

寒鰯の丸干し、できたぁ~っ!

sakurasou190111-1.jpg
(花屋さんでみつけた小さな春、桜草<プリムラ マラコイデス>
・・・2019年1月11日、千葉・鎌ケ谷にて)



魚を捌くことに目覚めて、次は干物を作ってみたくなった。
今年はいよいよ、挑戦。
ネットで干物づくりのノウハウをお勉強して、今日はいよいよ実践。

魚揃えのよい近所のスーパーで、生きのいい鰯(いわし)を発見!
「寒鰯」。
そうか、この寒の時期、そう呼ばれているのか。

早速、十尾を買って帰り、エラとワタを取って、
半分は三枚におろして、お造りに。
半分は、丸干しに。

塩水に30分ひたしている間に、お造り完成。
ついでに、アラ入りの土鍋を火にかけて。

小さな洗濯ハンガーに、5尾の鰯を吊り下げ、
約半日、洗濯物みたいに干した。
今日は幸いにも、お日様ピカピカ、北風びゅうびゅうで
干しものには最高の日和。

夕方、鰯をさわってみたら、しっかり乾いていて、
それでいて、身は柔らかな弾力。

一尾ずつていねいにラップして冷凍庫へ。
これで、いつでも好きな時に食べられる。
さて、お味は・・・。

一方の寒鰯のお造りは、まるで、トロ。
脂がのって、口に入れるととろけそうな旨さ。

愛猫さくら用に、トースターで焼いた鰯も、
脂がパチパチ跳ねて、なんていい匂い。
さくらがぺろりと平らげたのは、もちろん。

大根と人参をたっぷり入れて煮込んだアラ汁も、
鰯の旨味がみそ味の汁に溶けて、なんともいい味。
薬味の葱と七味をたっぷりとふりかけて、食した。

初めて作った干物、どんな味か、楽しみ半分、不安半分。
おいしく作れたら、次は、どんな魚を干してみようかな。
鯵(あじ)、鯖(さば)、鰍(いなだ)、魳(かます)、烏賊(いか)・・・、
楽しみが膨らむ、膨らむ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1732-e7128767

 | HOME |  ▲ page top