FC2ブログ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

生で、揚げて、焼いて、鰯三昧

syuzenji_kanzakura180303-3.jpg
(「修善寺寒桜」も、蕾をびっしりつけているだろうな
・・・2018年3月3日、東京・新宿御苑にて)



朝、干し大根作りを終えて、
いざ、船橋の‘寺泊漁港’へ魚の仕入れに!?

以前みかけたハタハタがあったら干物にしたいと
思って行ったが、なくて、ちょっとがっかり。
そのときの水揚げ次第で店頭に並ぶ魚が変わるのは
当たり前だから仕方ない。

代わりに、その時はなかった寒鰯が氷水の中で、
銀鱗を光らせていた。
十尾包んでもらって、ついでに、好物の生若芽も二パック。
時期ものの若芽は、しっかりゲットしておかなくちゃ。

ずしりと重い買い物袋を下げながら、さて、どうやって食べようか。
帰り道は、楽しい思案のひととき。
そして。
鰯は四尾を丸干しに、後はお造りに。
生若芽は、前回はしゃぶしゃぶにしたので、今夜はナムルを作ってみよう。

家に着くと、丸干し分の鰯をさばいてエラとワタを抜き、塩水に30分浸けた。
水1000ccあたり50グラムの塩を溶かして、ちょっと薄めの塩味に。
時間がきたら、専用の洗濯ハンガーに半日くらい吊るしておけば出来上がり。
これは冷凍しておいて、節分に食べよう。

丸干し作りは二度目なので、手順もかなり慣れてきて、ささっと完了。
ベランダの物干しは、洗濯もの、割り干し大根、鰯の丸干しが並んで、
なんとも生活感あふれる光景...。

後の鰯六尾は三枚に下ろして、花びらのように薄切りに。
年明けに観た冬牡丹の花を思い浮かべながら、
紫蘇の葉を敷いた大皿にぐるりと並べた。

残った中骨は半分に切って、少量の料理酒と醤油に漬けておき、
片栗粉をまぶして揚げれば、骨せんべいのできあがり。

生若芽二パックはたっぷりのお湯でゆがいて刻み、今夜の分を取り分けてから
パットに広げて冷まし、冷凍した。

ナムルは、手作りしておいたナムル用ドレッシング
(塩、胡椒、ガーリックパウダー、酢、醤油、ごま油)で
カイワレと一緒に和え、すりごまを振ってできあがり。

ヒトの食事の前に、愛猫さくらに焼いた鰯をトースターから出したら、
たっぷりの脂がジュウジュウ、パチパチと跳ね、なんとも食欲をさそる匂い。
たまらずに、お造り皿から数切れをヒト用にも焼いてみたら、
これが絶品!
これからは、さしみと焼きはセットになりそう!?

今夜のお酒も寒仕込み。越の初梅の「魚沼吟醸」をお燗にして。
寒鰯のお造り、焼き鰯、骨せんべい、と鰯三昧の食卓になった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1739-ce44c3a4

 | HOME |  ▲ page top