FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

秋冬の定番、蒸し鶏

shinobazunoike191109-3.jpg
(枯蓮に桜紅葉、不忍池は晩秋の色
・・・2019年11月9日、東京・台東、上野公園にて)



今夜は鶏肉料理にしよう。
そうだ、寒いときの定番「蒸し鶏」がいい。
暑い季節にはとても作る気になれなかったが、
そろそろ湯気が恋しい。

久々に、蒸し器登場。
下の鍋にたっぷり水を張り、火にかける。
上の鍋に大皿を入れて、その上にざく切りにした
たっぷりの白菜、椎茸を並べ、塩、胡椒、料理酒少々。
さらにその上に、鶏もも肉を載せて、同じように調味料を振る。
肉の上にスライスしたしょうがを並べ、強火で30分ほど蒸す。

山のようにあった白菜はペタッとなり、肉は柔らかそうに蒸しあがった。
いつもなら、たれはポン酢に辛子を溶いたものなんだけど、
今日はちょっと、ひと工夫。

ナムルドレッシングをベースに、多目の酢を足して、
豆板醤を溶かして中韓合作風にしてみた。

一口分ずつ箸で肉をとりわけ、たれにつけて食べてみる。
うん、ピリッとしてうまい!

味がしみてなさそうな肉を、愛猫さくらにもお裾分け。
お皿から顔をあげず、ひたすら、パクパク。
さくらも気に入ったようだ。

大皿をきれいに平らげた後には、旨味がしみでた汁がたっぷり。
これを小鍋に移し、冷ごはんを入れて、火が通ったところで
溶き玉子を回しかければ、蒸し鶏味のおじやのできあがり。
これがまた、いい味!

最後の汁まで一滴も残さずに、蒸し鶏を堪能した。





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1850-5c4ebc9e

 | HOME |  ▲ page top