FC2ブログ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

イナダ、旨し!

viola191126-1.jpg
(寒い朝も、ビオラたちは元気いっぱい
・・・2019年11月26日、千葉・鎌ケ谷にて)



panzy191126-1.jpg
(パンジーたちも、冷たい風にもめげず)



先日、お祝い事があったので鯛料理を作ろうと
いつもの、船橋の「角上魚類」へ。
新潟は寺泊港直送の新鮮な魚介類が
ずらりと並ぶ。
ここの魚で、名前を覚え、捌くことを覚えた。

鯛を選ぶつもりで行ったが、その隣りに並ぶ
イナダに目がいった。
ピチピチといかにも生きがよさそう。

今日は捌く時間がなかったので、三枚に下ろしてもらい
アラもつけてもらう。

家に帰ると、早速、魚をきれいに洗って、
アラは冷凍庫へ。

まずはお造りから。
身から皮をはぎ、小骨を抜いて、胸骨をそぐ。

大葉を敷き詰めた大皿を用意して、薄くそいだ切り身を
花びらのようにぐるりと並べ、真ん中にたっぷりと
カイワレを載せる。
一尾分なので、けっこうな量になった。
残れば冷凍して、イナダのしゃぶしゃぶにでもしよう。

次は、カブト煮。
鍋にみりん、料理酒、めんつゆ、しょうゆを適量、
水を加えて火にかける。
煮立ったら、頭とカマを並べて、千切りのしょうがを散らして
またしばらく煮立てればできあがり。

お造りは、わさびのほかにコチュジャンも用意。
大葉に切り身を載せ、コチュジャンを垂らし、
カイワレと一緒にくるりと巻いて、パクリ。

韓ドラを見ていると、韓国の人たちはよく料理を
巻いたり混ぜたりして食べている。
それを真似てみたら、大正解。
甘辛いコチュジャンが、イナダにもよく合う。
もちろん、わさびの純和風も、イナダの甘みを
よく引き出している。

カブト煮は、思ったより身がついていて、りっぱな
一品になった。

焼いたイナダをお裾分けしてもらった愛猫さくらは、
もちろん、皿から顔をあげない。

残るはずだった刺身も完食。

その内、冷凍中のアラをだしにして小鍋でもつくろう。

ワンコインで、二人と一匹がこんなに楽しめる
イナダって最高。
ブリもいいけど、イナダも、旨し!





にほんブログ村 ライフスタイルブしログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/1863-4d6563f5

 | HOME |  ▲ page top