カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ガルチin真歌

minamino_gulch100123-1.jpg
ミナミノガルチに、また会うことができた・・・2010年1月23日、北海道・真歌にて)




minamino_gulch100123-2.jpg
(新しい家に慣れたかな)




minamino_gulch100123-3.jpg
(明日、1月24日は14回目のバースデーだね。おめでとう、ガルチ!)




minamino_gulch100123-5.jpg
(これまでのことが、走馬灯のように駆け巡る・・・)




minamino_gulch100123-6.jpg
(予定日は、5月中旬。どうか、良い仔が産まれますように)




minamino_gulch100123-7.jpg
(ガルチそっくりの流星、2歳の娘。父はスリリングサンデー)




minamino_gulch100123-8.jpg
(ガルチたちの新居は、真歌の丘にあった)




minamino_gulch100123-9.jpg
(ガルチの1歳<真ん中の馬>と仲間も、元気いっぱい)




minamino_gulch100123-10.jpg
(木漏れ日を浴びながら)




minamino_gulch100123-11.jpg
(いくつになっても、愛らしさは変わらない)




minamino_gulch100123-12.jpg
(一緒に移動してきた、ママ友と。
この春には、それぞれにかわいいこっこを連れているのだろう。
楽しみにしてるよ!)




minamino_gulch100123-13.jpg
(競馬場で待ってるよ!ガルチ2歳)




minamino_gulch100123-14.jpg
(1歳たちはまだ慣れないのか、いつもくっついていた)




minamino_gulch100123-15.jpg
(一人前の競走馬になれるよう、がんばるんだよ!<真ん中が、ガルチの娘>)





今回の冬旅で会いたかったのは、シノクロスはもちろんだったが、
もう一頭、ミナミノガルチだった。

7年ぶりに会えた昨年の春。
いきなり、牧場が閉鎖されるかもしれない、と聞かされ、暗たんたる気持ちになっていた。
それでも秋も変わらずに、馬たちは跳ねていた。

そして今年。
日高の旅程が決まって、お訪ねしたい先に連絡をしたが、ただ一ヶ所、
ガルチのところだけはためらった。
が、ともかく連絡しなくては…。
勇気を奮って電話した答えは、
「牧場は閉鎖されました」。

やっばり…。
ずんと沈んだ気持ちに、
「ガルチと1歳、2歳は真歌に移動しましたよ」。
思いもかけない朗報に、いきなり青空が広がった。

生きていた、ガルチもこっこも2歳も生きていた!

昨日、教えられた牧場さんへ、ともかくもごあいさつに伺った。
「みんな、いますよ」
場長さんは笑顔で、ガルチを筆頭にこっこたちに会わせてくださった。
紛れもないガルチ親子がそこにいた!

今日は終日、真歌の丘に立つ広大な牧場内を、ガルチ、1歳、2歳を順ぐりに巡った。

ガルチのお腹には、新しい命が宿っている。
予定日は5月中旬。次の日高の予定が決まった!?


コメント

良かったぁ!
今は 牧場さんもいろいろ大変です。 馬の中に牛がいたり、農地に変わってしまった牧場など、馬産地 日高も様変わりしてきています。 
人間も厳しいけれど、人に頼って生きてきたお馬さん達はもっと厳しい・・・。
ガルチ親子が生きる道を与えてもらった事、本当に感謝ですね。 ずっとこの幸せが続きますように・・・。

本当に、人次第ですね。

〉チタニックさん、こんにちは。
ガルチ親子のこと、ありがとうございます!

いくら好きでも、何の権限も力もない一ファンにとっては、ただ祈るしかできませんよね。

本当に馬の寿命は、関わりのある人次第ですね。

ガルチは幸運にも新天地へ移動することができ、心底安心しました。
もちろん、そこがいつまでも安泰かどうかは約束されているわけではありませんが…。

でも先のことは案じないことにしました。
人間だって明日はどうなるか分からないのですからね。

今はただ、ガルチ親子の健在を神様に感謝したいです。

ミナミノガルチ親子の写真をアップしました。

チモシーファームへおいでいただき、ありがとうございます。

昨日、日高の旅から帰り、今日、ミナミノガルチ親子の
写真アップを完了しました。

馬に移動はつきものとはいえ、やはり切ないものがありましたが、
再会できたことに心から感謝しています。
そして今春、元気な良い仔が産まれるようにと祈っています。

牧場の閉鎖とか、競馬場の廃止とかの知らせを聞く度に、馬たちはいったいどうなってしまうんだろう…と辛い気持ちになります。
でも、ガルチは無事に新天地に移動できて良かったですね!
ガルチ親子の愛情の交わし合いが、これからもずっと続きますように。。

馬の幸せは、人間任せのイス取りゲームのよう…。
馬たちの安住の場所が、もっとたくさん増えるといいのですが。

会えたことに感謝!

>びんたまさん、本当にそうですね。
私も馬たちのことを思うと、いつも薄氷を踏む思いになります。
あまり先のことは考えないで、今、目の前で会えたことに
感謝することにしていますが・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/247-bfdb61b5

 | HOME |  ▲ page top