カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

会いたいなぁ、エンゲルグレーセ!

habotan100430-1.jpg
(冬は葉を、春は花を、二度楽しめる葉牡丹
・・・2010年4月30日、千葉・鎌ケ谷の公園にて)




murasaki_hanana100430-1.jpg
(そろそろ見納め、紫花菜)




murasaki_hanana100430-2.jpg
(紫の花は、それだけで美しい)




shiroihana100430-1.jpg
(センブリに似た清楚な白い花。なんという名前かなぁ?)

※追記
またまた馬友達が、早速調べてくれました。
「大甘菜(おおあまな)」とのこと。
ネットで確認してみましたが、ぴったりその花でした。
名前が分かって、ほんとスッキリしました。
友達に感謝、感謝です。




sakura100430-1.jpg
(箱入り娘ならぬ袋入り娘!?)



engel_grosse080607-1.jpg
(相馬の水に慣れたかな?会いたいなぁ、エンゲルグレーセ
・・・2008年6月7日、茨城・阿見町にて)





昨夜、毎週楽しみにしているグリーンチャンネルの番組
『月曜馬劇場~亀和田武が行く競走馬のいる風景』の再放送を観た。

番組の紹介によれば、‘作家の亀和田武氏が、「愛情を注がれる馬たち」との
出会いと風景を求め、各地を旅する’という内容で、4月から始まったばかり。

第1回目は九州のホーストラスト
ネットでしか分からなかったトラストの様子が良く分かり、引退馬に注ぐ
スタッフの皆さんの深く温かな思いがひしひしと伝わってきて、感動した。

そして、2回目の今回は、相馬野馬追のめっか南相馬市を訪ねるというので
より楽しみにしていた。
相馬といえば、シノチャンこときららちゃんや兄のシップウジョーがいる縁で
何度か訪ねた懐かしい場所。

もしかして、きららちゃんたちが幸せに暮す『ひだまり牧舎』に取材!?と
内心期待したが、最初の行き先は、「ふれあい牧場」だった。
おお、ふれあい牧場といえば、エンゲルグレーセが入ったはず。
ドキドキしながら映像を見ていたら、順に繋養馬の紹介が始まって、
あ、いたいた!グレーセだ!、思わず興奮。

パドックに放牧中だったグレーセは、なぜかずっとお尻を向けたまま。
シャイなのか、まだ慣れないのか、とうとう顔を見せてくれなかった。
でも、真っ黒な後姿は紛れもなくエンゲルグレーセだ。

2年前の6月、念願叶って茨城の育成牧場にいたグレーセに会えた。
が、まもなく、「競走馬のふるさと案内所」のサイトを見ると、‘移動中’と
なってしまっていた。
それからずっと行き先は分からず、一体どこへ行ってしまったんだろう、と
不安は増すばかり。
心細くなっていた矢先、やっと相馬に移動したことが分かりほっとした。

りりしいグレーセはきっと、野馬追の古式ゆかしい馬装が似合うことだろう。
すぐには行けないけれど、いつかきっと訪ねてみたい。

グレーセの顔は見られず残念だったが今回の番組も、
相馬の人が馬に寄せる思いと情熱がとてもよく伝わってきた。
これから、亀和田さんはどこへどんな馬や人を訪ねるのだろう。
すっごく、楽しみ!





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/332-c1bef16b

 | HOME |  ▲ page top