FC2ブログ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ミナミノガルチ、そしてRECの馬たち

minamino_gulch100515-1.jpg
(朝霧の中を若馬たちが駆けてきた・・・2010年5月15日、新ひだか・静内真歌にて)




minamino_gulch100515-2.jpg
(牡馬たちは、朝からパワー全開!)




minamino_gulch100515-3.jpg
(あっ、ガルチの娘だ!)




minamino_gulch100515-4.jpg
(牝馬グループも元気一杯<右が、ミナミノガルチの1歳>)




princess_ski100515-1.jpg
(お昼にやっと太陽が顔を出した。
午後からは、ローリング・エッグス・クラブ<=REC>へ。
牝馬のプリンセススキー<手前の黒い馬>とは初対面。
仲良しの芦毛は、ハヤテグレシャス・・・静内川合にて。

※RECには、会の所有馬、個人預託馬、会と個人の共有馬がいますが、
ここでは、あえて区別せずに掲載しています)




princess_ski100515-2.jpg
(プリンさんは、シノクロスと同い年の25歳!
どちらも長生きの秘訣は気丈なことのようだ)




princess_ski100515-3.jpg
(RECの先輩、亡きタケノハナミの分も
元気で長生きしてほしいと願う)




princess_ski100515-4.jpg
(プリンは、かわいがってくれる牧場の方がだ~い好き!)




princess_ski100515-5.jpg
(幸せな余生を約束された馬たちを見ているのは、本当にうれしい。
ふたりとも元気でね!また会いにきます)




takeno_hanami100515-1.jpg
(放牧地を見渡せる林の一角に眠る、タケノハナミ。
いつまでも、RECの仲間を見守っていてくれるだろう)




neko100515-1.jpg
(RECの厩舎番猫、シロにゃん。
この猫も、ここで幸せをつかんだ・・・静内西川にて)




asahi_emperor100515-1.jpg
(27歳の春を迎えた、アサヒエンペラー)




tosho_noah100515-1.jpg
(15歳の春、トウショウノア)




asahi_emperor100515-2.jpg
(エンペラー<手前>とノアは、放牧パートナー。
つかず、離れずの微妙な距離感がいいみたい)




rec100515-1.jpg
(牧場を流れる川の水音が、耳に心地よい)




rec100515-2.jpg
(春を告げる山桜)




rec100515-3.jpg
(芽吹きも美しい)




rec100515-4.jpg
(豊かな自然に包まれて・・・)




tayasu_again100515-1.jpg
(タヤスアゲイン<先頭の馬>、15歳。タヤスレミグラン、20歳。
Wタヤス・コンビも仲良し)




tayasu_l_emigrant100515-1.jpg
(レミグラン、あれから7年・・・身体の傷も心の傷も
すっかり癒えただろうか)




neko100515-2.jpg
(厩舎番はおまかせを@シロにゃん)




mr_cyclennon100515-1.jpg
(25歳の春を迎えたミスターシクレノン)




shin_chest100515-1.jpg
(27歳の春を迎えたシンチェスト)




shin_chest100515-2.jpg
(シンちゃん、山に向かひて何想ふ)




mr_cyclennon100515-2.jpg
(シクレノン、四半世紀を生き抜いてきたんだね)




shin_chest100515-3.jpg
(シンチェストとシクレノンも、気の合ったお隣同士)




cosmo_run_away100515-1.jpg
(10歳とREC一番の若手、コスモランナウェイ<現アチャティー>は食べ盛り!?)




biko_pegasus100515-1.jpg
(19歳の春を迎えたビコーペガサス)




asahi_emperor100515-3.jpg
(エンペラー、来年もまた会いに来るよ!)





今日は忙しくなりそう。
午前中はもう一頭の会いたい牝馬、ミナミノガルチ親仔が暮らす真歌へ。
午後からは、静内の奥にあるローリング・エッグス・クラブ(=REC)へ。

ガルチは、そろそろ予定日のはず。
元気にしているだろうか。
一歳は大きくなっただろうか。
今年もかわいいこっこが見られるだろうか。
ドキドキしながら牧場に着くと、ガルチは冬と同じ放牧地に
同じママ友と放たれていた。

「明日が予定日なんですけど、遅れそうですよ」と、牧場の方。
こっこが見られなかったのは残念だけど、ガルチの変わらず元気な姿を見て
安堵。
ママ友と一緒に大きなお腹を抱えながら草を食んでいる。

ガルチ~、と呼ぶと近寄ってきてくれたのはうれしかったが、
ママ友が側にきたら歯をむきだして蹴散らかしたのにはビックリ!
あの可憐だったガルチも随分たくましくなったものだ。

一歳は友達と一緒に遊んでいた。
額に小さな星のあるかわいい娘。

ガルチにお産の兆候はないようだけど、もしかしたら私が日高にいる間に
産まれるかもしれない、と淡い期待も捨てきれない。

人間てひとつの願いが叶うとさらに次の願いを叶えてほしくなる。
なんて欲張りなんだろ!






コメント

日高の春

チモシーさん、お久しぶりです。
今日の日高のお天気はいかがですか?

毎年この時期は私も日高にお邪魔していますが
今年は家族の事情でそれもおあずけです。
チモシーさんの日記を拝見しながら
とねっこちゃん達のかわいい姿を想像し
心癒されています(^^)。

チモシーさんの滞在中にガルチママのご出産
遭遇できるといいですね!
私は数年前、ほんのちょっとのタイミングで
その瞬間を逃してしまったので
ぜひぜひチモシーさんにはこっこちゃんと
「ごたいめ~ん!」をしていただきたいなと思います。

日高の様子、たくさんお知らせくださいね♪

こっこには会えなかったけれど

>Suzuさん、こんばんは。
こちらこそごぶさたしています。

とっくに日高から帰っていたのですが、すっかり
返信が遅れてしまいすみません。
本日、やっとガルチとの二日間をアップ完了しました。

残念ながら私も、こっことの対面は叶いませんでしたが
ガルチの元気な姿を見られただけでも満足でした。
Suzuさんもまた日高へ‘お帰り’になる日がきますよ。
そのときには、かわいいこっこにご対面できるといいですね。

近々、オグリとバルクの写真もアップしたいと思っていますので、
ぜひまた遊びにいらしてくださいね(^^)

RECの馬たち

チモシーファームにおいでいただき、ありがとうございます。

日高春旅の写真アップがなかなか進んでいませんが、
今日、やっとローリングエッグスクラブ訪問時の写真を
アップしました。
大切にケアされて生きる引退馬たちの幸せな姿をぜひご覧ください。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/343-7d0c4791

 | HOME |  ▲ page top