カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

『サンライズ サンセット』

今日は一日中本降りという天気予報どおり、朝からしっかり雨。
こんな日は、馬も外に出られないだろうから、すっぱりあきらめて
雨の日ならではの日高を楽しむことにした。

静内駅から一駅の隣町、新冠へ。
以前から機会があれば一度行ってみたかった、道の駅にある
レコード館を訪ねてみた。

エレベーターで展望台に上ってみると、雨にけむる新冠市街が
360度のパノラマで広がっている。
眼下に建つハイセイコー像も雨で黒光りしてみえた。
入れたてのコーヒーをすすりながら、牧場地帯をぼんやり眺めてみる。
仔馬たちは外に出たくて、うずうずしているのだろうか、などと
想像を巡らしながら・・・。

ホールでレコード・コンサートが始まるというので申し込んでみたら、
「リクエストもできますよ」と用紙を渡された。
いきなりリクエストと言われると、とっさに曲名が浮かばない。

そうだ、秋川雅史さんの『千の風になって』を聴いてみたいと
イソイソと書き込んでいたら、
「あの~、こちらではレコードのリクエストをお願いしますね」。
あ、そうか!改めて書き直す。

ゆったりとした椅子にもたれながら、名曲の数々に耳を委ねる。
家の中で音の大きさを気にしながら聴くのとは違い、
本格的な音響装置から生み出される音は、ストレートに胸に響いてくる。

コンサートのラストに、リクエストした曲『サンライズ サンセット』が
流れてきた。
ずっと昔、映画『屋根の上のヴァイオリン弾き』で聴いて感動した名曲だ。

‘sunrize sunset sunrize sunset・・・'、

甘く切ないマット・モンローの歌声に、あの時と同じように鼻の奥が
つーんとしてきた。

ただ違うのは、あの時は逆境の中で懸命に生きるユダヤ人家族の姿に
胸がいっぱいになったが、今日はさらに、日高の四季の中で黙々と
命を繋いできた馬たちの、健気な姿がオーバーラップしてきたことだった。

曲が終わっても、朝日に照らされ夕日に輝く馬たちの姿がいつまでも消えない。





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/346-0ce4a012

 | HOME |  ▲ page top