カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

センゴクシルバー

sengokusilver010324-1-1.jpg
<春の誘導は足取りも軽く・・・2001年3月24日、中山競馬場にて>

sengokusilver011216-1-1.jpg
<懐かしい誘導馬トリオ、手前右からセンゴクシルバー、メイショウセントロ、キルトフォーユー
・・・2001年12月16日、中山競馬場にて>


uma_tunagiishi080613-1.jpg
<ポニーセンターの林にあった「馬繋ぎ石」・・・2008年6月13日、神奈川・根岸競馬記念公苑にて>

sengoku_silver080613-2.jpg
<中山を思い出しているのだろうか・・・>

sengoku_silver080613-3.jpg
<白い風になって・・・>

sengoku_silver080613-4.jpg
<朝のおけいこを終えて放牧地へ・・・いつまでも元気で。キルトの分も!>


根岸競馬記念公苑のサイトで、センゴクシルバーが4月に入厩していたことを知った。
キルトフォーユーはすでに退厩していて会えないけれど、キルトの先輩センゴクに
会えるだけでもいい。とにかく行ってみよう。

森林公園の一角にあるポニーセンターは美しい佇まい。
大きい馬から小さい馬まで、数頭が洗い場に行儀良く繋がれていた。
その真ん中に真っ白なサラブレッド、センゴクシルバーに間違いない。
中山で見ていた頃より細くみえる。年齢のせいか。

「サラブレッドは美しいね。特に白い馬はね」、隣で見ていた人が話しかけてきた。
「写真を撮って大きく伸ばして部屋に飾ってみてるよ」、実にうれしそう。
「前はもう1頭、白い馬がいたはずなんだけど」。ああ、キルトのことか・・・。

「農家だったから、子どもの頃は周りに馬がいつもいたんだ」懐かしそうに話してくれた。
馬がもっと身近だった時代に、私もできることならワープしたい!

手入れが終ると順次乗り運動が始まった。
センゴクにも女性スタッフの方が乗って、広い馬場をゆっくり周回。
次第に動きが早くなって、バックの緑が流れ、センゴクの白い身体が飛んでいく。
うん?どこかで見たような光景。あっ、東山魁夷の白い馬だ。

キルトはいなくなってしまったけれど、センゴクにはここでの暮らしをいつまでも
楽しんでほしい。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/39-c5b509ee

 | HOME |  ▲ page top