カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

馬を枕に!?

sakura100802-1.jpg
(馬たちを枕に爆睡中のさくら。どんな夢を見てるのかな?!
・・・2010年8月2日、千葉・鎌ケ谷にて)




昨夜、函館から帰ってきて自分の部屋を見ると、プチ異変!?

先月、模様替えして新たに置いた棚の上から、馬友達にもらった
バースデー・プレゼントのロバさんのぬいぐるみが、すぐ側の椅子の上に
ぽつんと転がっていた。

棚に並べた馬のぬいぐるみたちの居場所も微妙に変わっていて、
下北半島から連れてきた寒立馬クンは立ち上がり、横にいた『ty』の
ぶちの栗毛クンも倒れんばかり。

一晩留守番をさせたので、さくらが怒って馬たちに八つ当たりしたのかなぁ。

今夜、棚の上で寝ているさくらをみつけて、その謎が解けたっ!
なんと、さくらは馬のぬいぐるみたちを枕代わりにしていたのだ。
柔らかくて気持ちいいんだろう。スヤスヤ、寝息をたてている。

迷惑なのは、馬たち。
一番の被害者は、小さなロバさんと隣のシルクジャスティス。
さくらに押しつぶされそうになって、必死に耐えているかんじ。
大きなミスターシービーが、なんとか防波堤になっているようだが。

でも、みんな、さくらちゃんのためなら、ま、仕方ないか、というようにもみえる。
お馬さんたち、これからも、我慢して枕代わり、よろしくね。
それにしても、八つ当たりじゃなくてほっとしたが、馬を枕にしていたとは
ワタシの猫らしい!?



コメント

さくらちゃんの馬枕寝姿、可愛いんだろうなぁ~。
ぜひぜひ写真でパチリとしてください。

失礼しました~~。
画像拝見いたしました。
可愛い~~♪
さくらちゃん幸せそうですね。お馬ちゃんたちも幸せそうですよ(^_^)v

チモシーさん、さくらちゃん、こんにちは~

さくらちゃん、とってもいい子でお留守番できたのね~
さすが、チモシーさんのニャンコちゃん(*゚▽゚*)
案ずるより、ですねぇ。かっわいい~寝顔ですね。

お馬ちゃんたちが、さくらちゃんをお守りしてくれたのか?
さくらちゃんがお馬ちゃんたちをお守りしてくれたのか?
なんでも、ちゃんと理解してるんでしょうねぇ。
お利口で可愛いさくらちゃん。
爆睡して延びるたびに一頭また一頭とコロンと落ちちゃった、
お馬ちゃん(想像して微笑ですぅ)

実はね、さくらちゃん、おばちゃんはチョッと心配してたのょ。
ちゃんと、お家に帰ったかなニャ?鳴いてないかニャ?
全然心配いらなかったみたいですね^^:いいこいいこ。

チモシーさん、私も次回競馬場へ行く機会があったら
ちいちゃい馬のぬいぐるみ買いたいです。買います^^
応援してる馬たちへの思いを込めてバックに付けて
連れて歩けるように。みんなの無事を願いながら。

函館競馬場のお馬さんたちの写真楽しみにしております。

まさか、枕にするとは

>boyさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

さくらも、やっぱり馬が好きみたいです。
でも、まさか枕にして寝るとは思いもしませんでした。
馬のぬいぐるみたちには気の毒ですが・・・。

あれからも毎日、微妙にぬいぐるみの位置が変わっています(^^;)

馬にお守りを

>フー&クー@さん、おはようございます。
いつも、さくらのこと、お気にかけて頂きありがとうございます。
さくらは、なんて幸せ者なんでしょう!

そうですね、フー&クー@さんのおっしゃるように、
さくらは馬にお守りしてもらっていたのかもしれませんね。
なんだか、そう思うと楽しくなりますね。
そしてさくらが延び~をするたびに、ぬいぐるみがコロ~ン、
想像すると、ほんと笑っちゃいます。

馬のぬいぐるみ、私も見るとついつい連れて帰りたくなります。
フー&クー@さんは、どの子と巡り合えるのでしょう。
楽しみですね(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/402-0d17a554

 | HOME |  ▲ page top