カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

『早来の風』

fujiyama_kenzan020914-1.jpg
(つま恋乗馬倶楽部で、研修生のレッスン馬として活躍していた頃の
フジヤマケンザン(先頭)。アサヒエンペラー(中)、シャコーグレイド(後ろ)との、
豪華3頭併せ!・・・2002年9月14日、静岡・掛川にて。

★フジヤマケンザン
1988年4月17日、早来生まれ。牡。鹿毛。
父ラッキーキャスト、母ワカスズラン。
・1995年度最優秀父内国産馬。

★アサヒエンペラー
1983年4月3日、浦河生まれ。セン。黒鹿毛。
父コインドシルバー、母タマナー。

★シャコーグレイド
1988年3月27日、新冠生まれ。セン。黒鹿毛。
父ミスターシービー、母シュアンス)




フジヤマケンザンを見守る『チームケンザン』友の会から、秋の会報が届いた。
会報の名称‘早来の風’のとおり、牧場をわたる風の音に耳を傾けているかの
ようなケンザンの穏やかな姿が表紙を飾っている。

会報が届くたびに、ケンザンの元気な姿を見るたびに、会員のひとりでよかった、と
しみじみ思う。
秋の夜長、ゆっくりと、ケンザンへの愛がぎっしり詰まった会報に目をとおそう。




コメント

貴重なお写真

チモシーさん、こんばんは。

貴重なお写真を見せていただいて、ありがとう
ございます。

6年前に1度だけRECでエンペラーに会った
ことがあります。
とっても穏やかな雰囲気なお馬さんでした。
彼の競走馬時代も乗馬時代も知らなかったので
こうして写真で見れてよかったです。

それにしても、この3頭の併せ馬、本当に
豪華ですねー

ご覧いただき、ありがとうございます。

>ピンガさん、おはようございます。
写真をご覧いただき、ありがとうございます。
喜んでいただけて、私もうれしいです。
本当に、もう二度と見られない貴重なシーンでした。

フジヤマケンザンの写真はあまりないので、どうしようかと思っていた時
この写真のことを思い出し、古いアルバムを探してみました。

本当に、この3頭の併せ馬は豪華でした。
フジヤマケンザンは別格として、アサヒエンペラーもシャコーグレイドも
重賞勝ちはなかったのに、競馬になくてはならない存在だったと思います。

グレイドに魅せられた私も含めて、この3頭に魅せられたファンは
きっとたくさんいたことでしょうね。
いわば、この2頭は‘無冠の帝王’とでも言えるのでしょうか。

そして、ケンザンとエンペラーは北海道で、グレイドは岐阜でと、
3頭共に今も幸せな余生を送っていることは奇跡に近いかもしれませんね。

エンペラーは、とても賢い馬だから周りの人や馬とどう接していけばよいのかを
良く分かっているのかもしれませんね。

最年長のエンペラーを筆頭に、ケンザンもグレイドもこれからも元気に
長生きしてほしいと祈るばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご覧いただきありがとうございます。

フジヤマケンザンのことで、コメントを頂いた方へ。

非公開コメントのため、詳しいことは書けませんが、
ケンザンの写真をご覧いただき、ありがとうございました。

本当にフジヤマケンザンは、競走馬のお手本のような名馬ですね。
現役時代はりっぱな活躍をして、引退後も多くの人に愛されて
故郷へ戻ることができ、穏やかな余生を送るケンザンは
私たちファンにとりましても、大きな喜びです。

これからも一日でも長く元気で過ごしてくれますように、
心から願っております。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/456-9d6bd099

 | HOME |  ▲ page top