カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ダンサーズナカヤマ

uma_kazari110108-1.jpg
けやき公苑では、すてきな馬飾りがお出迎え
・・・2011年1月8日、千葉・中山競馬場にて)




dancers_nakayama110108-1.jpg
(パドックでは、乗馬のダンサーズナカヤマがひなたぼっこ。
この時期、芦毛はみんな御神馬にみえる!?

★ダンサーズナカヤマ
2000年4月29日、荻伏生まれ。牡。芦毛。
父ブラックタイアフェアー、母ユタカダンサー<サクラユタカオー>)




dancers_nakayama110108-2.jpg
(モテモテのボク~♪)




hakusekirei110108-1.jpg
(ベンチで休んでいたら、ハクセキレイがすぐそばまで飛んできた)




bravo_uomo110108-1.jpg
(午後のレースが始まった。
5レースの先導は、黒く逞しいブラーボウォモ
今年も誘導のお仕事がんばって!

★ブラーボウォモ
1997年4月3日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父フジキセキ、母スナークレディー)




success_silhouette110108-1.jpg
(5レース、3歳未勝利戦。本馬入場。
後藤浩輝騎手を背に、サクセスシルエット。3着。

★サクセスシルエット
2008年3月19日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父ディープインパクト、母フェアレストケープ)




western_revue110108-1.jpg
(返し馬。
伊藤工真騎手を背に、ウエスタンレビュー。

★ウエスタンレビュー
2008年2月17日、新ひだか生まれ。牝。黒鹿毛。
父フサイチコンコルド、母ウエスタンライブ)




kurino_madonna110108-1.jpg
(菅原隆一騎手を背に、クリノマドンナ。

★クリノマドンナ
2008年2月26日、新ひだか生まれ。牝。鹿毛。
父ティンバーカントリー、母ホクテンマドンナ)



hikaru_shinsei110108-1.jpg
(吉田豊騎手を背に、ヒカルシンセイ。

★ヒカルシンセイ
2008年2月29日、むかわ生まれ。牡。栗毛。
父タニノギムレット、母ヒカルユウトウセイ)




blue_star110108-1.jpg
(田中勝春騎手を背に、ブルースター。

★ブルースター
2008年4月5日、新ひだか生まれ。牡。栗毛。
父グランデラ、母ダンスホーラー)




bravo_uomo110108-2.jpg
(誘導を終えて)




twin_angels110108-1.jpg
(レース。
先頭ゴールインを果たしたのは、蛯名正義騎手鞍上のツインエンジェルズ。
2着は、内田博幸騎手鞍上のミエノゴーゴー。
今年も名手たちがどんな手綱さばきで魅せてくれるのか、楽しみだ。

★ツインエンジェルズ
2008年2月9日、千歳生まれ。牝。青毛。
父ハーツクライ、母マウンテンエンジェル

★ミエノゴーゴー
2008年2月27日、千歳生まれ。牡。黒鹿毛。
父ヘクタープロテクター、母クイーンアイリス)




kawadu_sakura110108-1.jpg
(じっと春を待つ河津桜




今日から競馬は三日間の連続開催。
足のリハビリを兼ねて、プラッと出かけてみることにした。
金杯に行っていないので、中央競馬は今年初だ。

入り口でレープロをもらおうとしたら、みつからない。
まだ開門してまもないのに、もうないの?
「何か、お探しですか?」と係りの人。
レープロのことを聞くと、目の前に山のようにあったモノクロのリーフレットをくれた。

カラーの表紙がない、名馬物語もない、超シンプルな出馬表だ。
今までのようなレープロは、重賞のときだけになるという。
JRAもここまで困窮してきたのか・・・新年早々、いきなり気分が盛り下がった。

経費節約は分かるが、却って逆効果ではないだろうか。
まずは、美しいレープロを手にして気分を高揚させてきたのに、こんな味気ないものに
なってしまい、がっかりだ。
おおげさにいえば、レープロも馬事文化の一端を担ってきたと思っている。
レープロで過去の名馬や名レースを知り、競馬の奥深さに触れたファンだって
きっと多いはず。

お金がかかるのなら、いっそのこと有料にして本当にほしい人だけが手にするというのも
ある。
無料のモノクロと、選べるような形にしてはどうだろうか。
ま、それも手間がかかるのだろうが・・・。

いきなり、ガツンとやられたような気分だったが、気をとり直して
まずは、けやき公苑に行ってマイネルゴーシュに新年のごあいさつ。
と思っていたら、同じ芦毛だったが、そこにいたのはダンサーズナカヤマという
元競走馬だった。
スタッフの皆さんがかわるがわるなでたり、話しかけたり。
ダンサーズナカヤマの人懐こそうな目がかわいい。

経費節約が進んで、乗馬たちも減らされたりしないだろうか。
誘導や乗馬の仕事は、元競走馬たちにとって貴重な第二の職場であり、ファンにとっても
うれしい再会の場、ふれあいの場だ。
冬の日を浴びてパドックに佇むダンサーズを見ていたら、どうかこんなのどかな姿が
見られなくなることのないようにと思わず願った。


コメント

ダンサーズナカヤマ号はとっても良いこですよ~

また会えるのを(^^)

>タゴール&キルトさん、コメントありがとうございます(^^)

中山が始まったら、またダンサーズナカヤマに会えるのを
楽しみにしています♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/533-8d75e01a

 | HOME |  ▲ page top