カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

エリモダンディー17歳

erimo_dandy971102-101.jpg
エリモダンディーは三冠全てに出走、小さな身体でがんばった。
※写真は、『菊花賞』出走時・・・1997年11月2日、京都競馬場にて。

★エリモダンディー
1994年5月11日、えりも生まれ。牡。黒鹿毛。
父ブライアンズタイム、母エリモフローレンス<イルドブルボン>)




今日2月8日は、1998年に4歳で亡くなったエリモダンディーの命日。
お線香をあげ手を合わせ、(天国で元気にやってるかい)と声をかける。

デビュー戦は396キロ、その後も410キロ前後を推移していた小さな馬。
同厩舎の偉大な先輩、ナリタブライアンと同じブライアンズタイムを父に持ち、
雰囲気が良く似ていたせいか、小さなナリタブライアン=「小ブー<(こぶー)」と
呼ばれていたそうな。

全身バネのような身体で、後方からグイグイ押し上げて自分より大きな馬たちを
なぎ倒した。

健在なら、今年17歳。
ダービーを一緒に走ったメジロブライト、サイレンススズカも逝ってしまったが、
サニーブライアン、シルクジャスティスは静かに余生を送っている。
17歳になったダンディーの姿は想像できないが、きっと、若いときと
そんなに変わらないような気がする。
特にやんちゃな目つきは・・・。

これからも毎年、ダンディーは心の中で歳を重ねるだろう。
20歳になっても、30歳になっても・・・。












コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/548-d290d700

 | HOME |  ▲ page top