カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

旅の終わりに

日高を離れる今日は、朝から雨。
帰りの飛行機が離陸した途端、ぐっとこみあげてきた。
絶対泣くものか、窓の外に顔を向けたまま奥歯を噛み締める。

変わらないものなんて、この世に存在しない。
そう思っても、やっぱり変わってほしくなかった。
ハルカジョウもミナミノガルチも、いつものようにかわいいこっこと
のんびり草を食んでいてほしかった・・・。

競走馬と関わったら絶対に避けて通れない現実。
それを思い知った旅になってしまったが、旅をやめようとは思わない。
強く、逞しく、優しく、健気に生きる馬たちに逢えて、
馬と生きる人たちの思いに触れて、温かさに触れて、
やっぱり、日高から離れられない。

去っていった馬たちの面影を探しながら、これからも旅を続けよう・・・。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg


コメント

今回のハルカジョウ、ミナミノガルチの知らせは、本当に残念で言葉になりません。
チモシーさんも、今回は複雑な気持ちの日高の旅になってしまいましたね。

天寿をまっとうできる競走馬は、ほんのひと握りどころか、ひとつまみにも満たないという現実…。
かつては有馬記念に勝った馬でさえも、あんなにいつもひたむきに頑張っていたカネミノブが、そして第2回ジャパンCで日本に希望を繋いでくれたヒカリデユールでさえ、人知れず消息不明になってしまいました。

私は本当は、強い馬づくりよりも、一頭でも多くの馬が幸せでいられるシステムになることの方を望んでいます。
そうなると今の競馬自体がなくなってしまうかもしれませんね。
でも、それでもいいのかなと思ったり、でも馬たちが織り成す素晴らしい風景や心の交わし合いのことを思うと。。
答えが出ないことを悶々と考えてしまいます。

そんな中で、シノクロスは本当に幸せを掴んだ数少ない幸運な馬になることができましたね。
もちろん、彼女自身の頑張りもありました。
でも、どんなに頑張っても生涯の幸せを掴めない馬がほとんどというのが現実です。
それだけに、シノクロスにはこの幸せを末長く全うしてほしいです。
牝馬最長寿も、本当に夢ではないかもしれませんね。

イナズマクロスの嬉しい近況も教えていただき、ありがとうございます^^
本当に癒されますし、安心しました。
こういう風景がどの馬にもいつまでも続く…そんなことを夢見てしまいました。

今はハルカジョウ、ミナミノガルチに本当にお疲れ様と言いたいです。
チモシーさんも、本当にお疲れ様でした。

心に沁みるコメントありがとうございました

>びんたまさん、心に沁みるコメントを頂きありがとうございました。
胸を詰まらせながら、何度も読み返しました。

ハルカジョウとミナミノガルチのこと、ブログに載せようかやめようか迷いました。
でも、自分自身現実を受け入れるためにも、2頭をご存知の方のためにも、
やはりお伝えしなければと思いました。
なにより、2頭が生きた歳月をしっかり受け止めたかったのです。

カネミノブ ヒカリデュールも悲しい末路をたどったのですね。知りませんでした。
強い馬づくりより、一頭でも多くの馬が幸せになれるシステムづくりを
というお気持ちもよく分かります。

馬の幸せを突き詰めていくと、競馬そのもの存在に突き当たりますよね。
競馬のもつ魅力も捨てがたいし、ひっそりと競馬場を去っていく馬たちのことを思うと
胸が痛いし・・・。
ジレンマに悩みますが私は、強い馬づくりと引退競走馬の福祉を競馬の両輪として
いってほしいと願っています。

現に、情報網の発達などと相まって、引退馬の福祉は昔と比べたら
かなり進んでいるのではないでしょうか。
NPO法人引退馬協会のように、組織だって引退競走馬の福祉に取り組んでいる
団体が存在することも心強いです。
そうした活動に微力ながらも参加することで、一頭でも多くの馬が幸せをつかむ
お手伝いができたらと思っています。

年を重ねるたびに改めてシノクロスの偉大さを感じています。
牝馬最長寿が達成できたら、ぜひ盛大にお祝いしてあげたいです(^^)

イナズマクロスも元気でしたよ。
繁殖入りしたばかりのイナズマアマリリスは検疫の都合で
まだ戻ってきていませんでしたが、来春にはきっと、かわいいこっこを
連れた姿をみられることでしょう。楽しみですね。

馬と関わると悲しいことや辛いこともたくさんありますが、
それ以上にうれしいこともたくさん味わえますよね。
今回の旅を終えてみて、一層馬の愛おしさを感じました。

2頭への想いを胸の奥にしまって、これからも馬たちのすてきな一瞬を
お伝えしていきたいと気持ちを新たにしています。
どうぞこれからもチモシーファームに遊びにいらしてくださいね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top