カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

本土寺の紅葉

hondoji111117-1.jpg
(山門をくぐると、紅葉の見頃には早かったが晩秋の光に緑が映えていた
・・・2011年11月17日、千葉・松戸本土寺にて)




hondoji111117-2.jpg
(五重塔もうっすら秋化粧)



hondoji111117-3.jpg
(ほんのり色づいて)



hondoji111117-4.jpg
(真っ赤に色づいたもみじ)



hondoji111117-5.jpg
(ルリ色の羽が美しい。何という蝶々かな)



hondoji111117-7.jpg
(たった一輪咲いていた、さきがけの椿。今年初めて見た)




hondoji111117-6.jpg
(光を浴びて輝いていた紅葉)



hondoji111117-8.jpg
(緑のもみじも美しい)



hondoji111117-9.jpg
(光のシャワーを浴びて)



hondoji111117-10.jpg
(足元にも小さな秋)



hondoji111117-11.jpg
(スポットライト)




抗がん剤の副作用も殆ど抜けたので、久しぶりに遠出をしてみた。
でも、「白血球の値が下がっているので、しばらくは人混みは避けてくださいね」と
先生から釘を刺されていたので、静かなところへ。
ということで、家から電車で小一時間の松戸・本土寺へ紅葉見物に行ってみることに。

まだ早いかなという予想が当たって、境内の紅葉はちらほら。
それでも緑のもみじも美しく、ゆっくり眺めて歩くだけで身も心も澄んでいくようだった。

帰りの電車に乗る頃にはかなり疲れて、帰宅するとバタン、キュー。
やっぱり体力がかなり落ちてしまっているのかもしれない。
でも、まぁ、あせらず、急がず、少しずつ体力をつけて、その内、また以前のように
週末は競馬場、といきたいなぁ!








★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top