カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

樽酒『寒立馬』

taruzake081012-1.jpg
(大きなりんごくらいのかわいい樽酒・・・
2008年10月12日、千葉・鎌ケ谷にて)

旅から帰ってから手付かずだった後片付けをしていたら、リュックの中に
丸っこいビニール袋。
出してみると小さい割には重い。
えっ、何だっけ?
頭をクエスチョンでいっぱいにしながら、袋を開けたら中から出てきたのは
大きなりんごくらいの大きさのミニミニ樽酒。

ああ、そうだ!
ほとんどの荷物は宅急便で送ったが、これだけは途中で割れても困るので
タオルにくるんでリュックに入れて背負ってきたのだった。
すっかり忘れていただけに、なんだか手にしてみると得した気分。

尻屋崎の売店でみつけ、中身はお酒だし、空き樽は旅の記念になると思い
即買ったものだった。
下北半島 尻屋 と書かれた中央には、雪の中で草を探す寒立馬たちの姿。
‘むつ市柳町一 (有)関乃井酒造'と刻印されている。

早速、夜の晩酌でお味見。
爽やかな口当たりで飲みやすい。
寒立馬たちの優しい姿が蘇ってきた。

もうすぐ、この絵のように厳しい冬がやってくる。
あの仔馬たちは無事に乗り切ることができるだろうか。
きっとだいじょうぶ、長い厳しい歴史を生きつないできた馬の子孫だもの。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/69-e224de82

 | HOME |  ▲ page top