カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

2年ぶりの佐原

kaerachan111125-1.jpg
カエラチャンと佐原で再会できるなんて!
NPO法人引退馬協会の「初期馴致トレーニング事業」
第1号になった、元競走馬カエラチャン。
乗馬として、良いご縁に巡り合えますように!
・・・2011年11月25日、千葉・香取
乗馬倶楽部イグレット」にて。

★カエラチャン
2007年3月24日、新冠生まれ。牝。栗毛。
父アフリート、母ユーワオトメ<ナリタブライアン>)




boby111125-1.jpg
(パープルの馬着ならぬ犬着がお似合いだね、
ボビー君!)




gizumo111125-1.jpg
(新入りにゃんこ、ギズモ君。白とグレイのほわほわロン毛。
大きくなったら、さぞ美しい猫になるだろう。
次に会うのが今から楽しみ)




roze111125-1.jpg
(倶楽部には、いつもバラが絶えない。
このバラは色もそれぞれにみごとだけど、香りもそれぞれに
魅力的だった)




roze111125-2.jpg
(花瓶を替えて、お色直し)




soramame111125-1.jpg
空豆君も元気いっぱい。
人懐こくて、遠くからでもとっとこ、とっこと駆けてくる)



soramame111125-2.jpg
(天国にいってしまった黒豆君の分も、元気でいてね!)





samani_turf111125-1.jpg
(黙々とおけいこに励んでいたのは、な、なんとマイ里子のサマニターフだった。
馬房にいなかったので、どこへ行っちゃったのかなと思っていたら、
駆ける姿を見られるなんて、うれしい。

★サマニターフ
2001年5月23日、様似生まれ。牡。鹿毛。
父オジジアン、母メモリアルスポート<ダンシングブレーヴ>)



samani_turf111125-2.jpg
(蕁麻疹も目の具合もすっかり良くなって、また、すてきなサマニ君になっていた)



samani_turf111125-3.jpg
(このパドックで、シンボリクリヨンもよくおけいこに励んでいたっけ。
なんだか、だぶって見えて目がかすみそうになった)




今日は栃木の馬友達Kさんと東京駅で待ち合わせて、久々の佐原へ。
Kさんに佐原の話を聞くたびに、行きたくなって、
今度行くときは声をかけて、とお願いしていた。

先月の府中以来の長距離輸送!?に一抹の不安はあったが、
それより馬たちに会いたい想いがまさった。
体力をつけるために、佐原行きが決まってからはいつも以上に意識して
体を動かしてきたから、きっとだいじょうぶ!

いつもなら電車を乗り継いで行くところを、今回は初めて
東京駅から高速バスというルート。
うん、これも悪くない。
小一時間のバス旅で、Kさんと積もる話もできたし。

ずっとごぶさたしていた佐原。
最後にお訪ねしたのは、2年前の春、一口里子に決めたサマニターフに
会いに行った時だった。

久しぶりにお会いできた倶楽部のオーナー、そして引退馬協会代表の
Nさんは相変わらずのスーパーウーマンぶり。
今は、被災馬支援にも奔走なさっているというのに、いつものように笑顔で
迎えてくださった。

懐かしいわんこたちのお出迎え、乗馬のレッスン、馬房から顔を出して
にんじんをおねだりする馬たち。変わらない佐原の情景に癒される。

サマニターフ、トウショウフェノマ、ハリマブライト、3頭のフォスターホースも
変わらず元気。
ただ変わったのは、グラールストーンの姿がないこと。

にんじんを見せると、うれしそうにブヒブヒと鼻をならして、
口いっぱいほうばって、馬房の柵に噛み砕いたかけらを並べて、
順においしそうに食べていた。
今頃は天国で、たくさんにんじんをもらっているかな。

そして縁あって佐原に来た、Kさんの応援馬カエラチャンにも再会できた。
デビュー戦の中山で見たときの張り詰めた表情は消え、穏やかで優しい
まなざしに変わっていた。

カエラチャンは、「初期馴致トレーニング事業」の第1号!
引退馬協会の新たな事業で、‘より多くの引退馬を生かしたい’という理念のもと、
乗馬への初期馴致をして乗馬クラブや個人への譲渡をしやすくするとのこと。
どうか良いご縁がありますようにと祈らずにはいられない。

懐かしい人たちとのおしゃべり、たくさんの馬たち、わんこやにゃんこと
遊んでいるうちにあっという間に時は過ぎて、気がつけば、もう帰りの時間。
思いきって出かけてきてよかった。

大好きな馬たちに触れることができたせいか、帰り道は全然疲れを感じない。
でも一人では出かける勇気がなかったかもしれない。
誘ってくれたKさんに心から感謝したい。

さぁ、次はいつにしよう。
帰り道、もう頭の中で来年のカレンダーとにらめっこしていた。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg

コメント

突然すみません

明治大学4年・改井秀次と申します。ブログ拝見させていただき、美しい馬の瞬間を切り取った写真ばかりで驚きました。私は卒業論文で盲導馬について調べていますが、名栗ミニホース牧場様が閉鎖されたということもあり、調査がなかなか進んでいない現状です。
国内で唯一盲導馬について書かれた『盲導馬をよろしく♪』の写真を撮られた望月様にインタビューさせていただくわけにはいかないでしょうか。恐縮ですが、よろしくお願いします。

明治大学・文化人類学ゼミ 改井秀次
skyeye19891017@yahoo.co.jp





盲導馬につきまして

>改井秀次様
初めまして。
「盲導馬」をたどって、チモシーファームまでおいでいただき
ありがとうございます。

盲導馬を卒業論文のテーマになさっていることに感激しました。
残念ながら名栗の牧場は閉鎖され、ミニチュア・ホースたちは
それぞれに新天地を求めて移動したと聞いています。

私にインタビューをということですが、分かる範囲で
ご協力できればうれしいです。
詳しいことは、下記↓のメールへご連絡いただけますか?
どうぞよろしくお願いいたします。

わざわざありがとうございます!!本当に助かります。メールを送らせていただきました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top