カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

残暑払い

tomato120809-1.jpg
(5月7日に地植えしたミニトマトのアイコ
すくすく伸びて、とうとうベランダの手すりも
越してしまった。

最近の日課は、朝、カーテンを開けると、
まずは真っ赤なアイコを口にポイ。
ささやかな至福の瞬間・・・2012年8月9日、
千葉・鎌ケ谷にて)




captain_girl120809-1.jpg
(3レース、2歳新馬戦。
一番人気のキャプテンガール。
人馬共にパープルがお似合い!・・・船橋競馬場にて。

★キャプテンガール
2010年3月19日、青森生まれ。牝。栃栗毛。
父キャプテンスティーヴ、母ツーツーエイプリル<グラスワンダー>)




dancing_crown120809-1.jpg
(本馬場入場。
モエレベオウルフを勝利に導いてくれた
森泰斗騎手。
騎乗馬は、ベオ君と同厩のダンシングクラウン。

★ダンシングクラウン
2010年 月 日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父ダンシングカラー、母サーチエルルージュ)




captain_girl120809-2.jpg
(レース。
キャプテンガールが乗れてる御神本訓史騎手を背に、
ポンと好スタートを切るとそのまま楽々と逃げ切り、
2着に5馬身差をつけて圧勝した)




goal120809-1.jpg
(グリーンとイエローが爽やか、おニューなゴール板。
マスコットキャラクターのキャロッタ君がほほえむ)




day_for_you120809-1.jpg
(4レースも2歳新馬戦。
一番人気のデイフォーユー。やはり良くみえる。

★デイフォーユー
2010年2月23日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父スウェプトオーヴァーボード、母サルトリーガール)




tea_biscuit120809-1.jpg
(カワユイ女のコ、ティービスケット。

★ティービスケット
2010年2月15日、千歳生まれ。牝。黒鹿毛。
父ホワイトマズル、母ティーマックス)




un_ninnin120809-2.jpg
(がんばれよ!
厩舎の期待を受けて、アンナンナン。

★アンナンナン
2010年4月16日、新冠生まれ。牝。鹿毛。
父スターリングローズ、母イシノドリーム)




tea_biscuit120809-2.jpg
(トサキが笑った!
戸崎圭太騎手を背に、ティービスケット)




day_for_you120809-2.jpg
(レース。
デイフォーユーが石崎駿騎手を背に、ポンと好スタートを切るとそのまま
2着に5馬身の差をつけて逃げ切った。
まるで、3レースのリプレイを見ているみたいなレースっぷり)





8月6日の立秋以来、涼しい日が続いてかなり楽になった。
今週は昨日、今日、明日と三日間の船橋開催。
楽しみにしていたら、馬友達も来るという。

で、急遽、残暑払いもセットにして今日、船橋競馬場へ。
昼過ぎからぼちぼち出かけたが、3レースの新馬戦に間に合った。
涼しくなったとはいえ日差しは強くまぶしいが、浜風が実に心地よい。

初々しい2歳馬たちのパドックは、いつ観ても良いものだ。
つぶらな瞳でじっと見つめられたりすると、ああ、この子を勝たせたい!
などと願ってしまう。

3レースではキャプテンガール、4レースではデイフォーユーという牝馬が
共に、2着に5馬身差をつけて圧勝。
今後が楽しみなレースを見せてくれた。

夕暮れて京成船橋駅へ戻る。
菊正宗と新鮮な魚介料理が評判の店へ。
縄のれんが掛かっていると思い込んでいたが、行ってみたら大きな布のれんだった。
縄のれんをざざっとくぐってみたかったけど、ま、いっか?!

府中競馬以来の再会とお互いの健康を祈って、まずは乾杯。
あれこれとつまみながら、もちろん話は馬のことが殆ど。
どうして馬の話は尽きないのだろう。

話が弾みお酒も進み、ふと、それぞれに空いた冷酒のびんに二人の目がぴたっ。
淡い水色のほっそりとしたガラス瓶、微妙なラインがレトロな感じで
なんとも雰囲気がある。

思い切ってお店の方に「捨てるならもらってもいいですか?」と聞くと
「どうぞ、どうぞ」。
と、別の人がカウンター越しに「この瓶は賞をもらったんですよ」とうれしそう。
やっぱり、どおりですてきな瓶だと思った。
そして、持ち帰りようにとさっとビニール袋を二枚出してくれた。

美しい馬たちに逢えて、おいしいお酒と肴で楽しいおしゃべりができて、
おもいがけないおみやげもできて、最高の残暑払いの一日になった。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/778-934768f3

 | HOME |  ▲ page top