カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

炎天競馬

dragon_dash120905-1.jpg
(4レース、2歳戦。
うれしい初勝利!ドラゴンダッシュ。
鞍上は、脇田創騎手・・・2012年9月5日、千葉・船橋競馬場にて。

★ドラゴンダッシュ
2010年4月4日、静内生まれ。牝。鹿毛。
父ケイムホーム、母ダンツサンデー)




moere_pink_dia120905-1.jpg
(5レース、3歳戦。
モエレベオウルフの同厩、モエレピンクダイヤに期待!

馬友達に教えてもらったアングルで撮ってみた。
うん、やはり緑に馬が映える。馬友達に感謝!

★モエレピンクダイヤ
2009年4月29日、三石生まれ。牝。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母イブキピンクレディ<ノーザンテースト>)




erins_harp120905-1.jpg
(一番人気エリンズハープ。

★エリンズハープ
2009年4月29日、千歳生まれ。牝。鹿毛。
父ネオユニヴァース、母エリンバード)




erins_harp120905-2.jpg
(トサキは今日も闘志満々!
戸崎圭太騎手を背に、エリンズハープ)




moere_pink_dia120905-2.jpg
(本馬場入場。
森泰斗騎手を背に、モエレピンクダイヤ)




erins_harp120905-3.jpg
(レース。
一着馬は突き抜けていて、二、三着争い。
一旦、エリンズハープがモエレピンクダイヤを交わしたが、
ゴール直前、差し返して2着。
タイトとトサキの激闘にしびれた)




bass_fountain120905-1.jpg
(6レース、3歳戦。
ゴーカイの息子、バースフォンテンに期待!
雰囲気がパパによく似ている。

★バースフォンテン
2009年4月3日、様似生まれ。牡。黒鹿毛。
父ゴーカイ、母クインポイント)




bass_fountain120905-2.jpg
(張田京騎手を背に、バースフォンテン)




bass_fountain120905-3.jpg
(返し馬。
レースは逃げ切るかにみえたが、直線で交わされて2着。
きっと2勝目は近い!)




white_heart120905-1.jpg
(8レース、4歳上C2戦。
馬友達に、額のハートがとってもきれい!と
教えてもらったホワイトハート。

あっ、めんこで見えな~い。
でも、とってもすてきなお嬢様。

★ホワイトハート
2008年4月18日、千歳生まれ。牝。黒鹿毛。
父ホワイトマズル、母メローフルーツ)




white_heart120905-2.jpg
(騎乗合図と共にめんこがはずされた。
ほんと、きれいな白いハート!
鞍上は、本田正重騎手)




white_heart120905-3.jpg
(返し馬。
白いワタリがハートによく似合っている)




white_heart120905-4.jpg
(レース。
結果は4着。
先頭ゴールインを早く見たい!)




carro120905-1.jpg
(レースの合間に行われた競馬場のイベントに、
グリーンチャンネルでおなじみの庄司典子さんが登場。

好きな典子さんを、間近に見られてうれしかった。
お隣は、船橋競馬のマスコット、キャロッタ君。
キャロッタ君もうれしそう)




dragon_ship120905-1.jpg
(11レース『千葉日報賞』。
クロフネの娘、ドラゴンシップ。
赤紫のめんこが、芦毛に映える。

★ドラゴンシップ
2009年2月19日、新冠生まれ。牝。芦毛。
父クロフネ、母ミッドキャロル<アフリート>)




neo_grantia120905-1.jpg
(気品漂うネオグラティア。一番人気。

★ネオグラティア
2006年5月17日、新冠生まれ。牝。栗毛。
父ネオユニヴァース、母ゼヤラー)




silk_daido120905-2.jpg
(モエレベオウルフの同厩、シルクダイドウ。
大きな眉毛みたいなブリンカーがちと気にかかるけど、
馬っぷり良し!気合良し!)

★シルクダイドウ
2007年5月28日、静内生まれ。牡。青鹿毛。
父メイショウオウドウ、母シルクトパーズ<ブライアンズタイム>)



dragon_ship120905-2.jpg
(こちらも気合十分!ドラゴンシップ)



ark_bisty120905-1.jpg
(もう一頭、馬っぷりの良さが目立ったアークビスティー。

馬番4シルクダイドウ、5番ドラゴンシップ、6番アークビスティー、
7番ネオグラティアと魅力的な馬が続いていて、目移りするばかり。

★アークビスティー
2006年5月11日、米国生まれ。牡。鹿毛。
父Street Cry、母Celestic)




dragon_ship120905-3.jpg
(やっぱり撮ってしまうトサキ。
戸崎圭太騎手を背に、ドラゴンシップ)




ark_bisty120905-2.jpg
(左海誠二騎手を背に、アークビスティー)




dragon_ship120905-4.jpg
(本馬場入場。
戸崎圭太騎手を背に、ドラゴンシップ)




neo_grantia120905-2.jpg
(御神本訓史騎手を背に、ネオグラティア)




silk_daido120905-3.jpg
(遥か彼方のスタート地点をじっと見つめる、
的場文男騎手とシルクダイドウ)




silk_daido120905-4.jpg
(レース。
ネオグラティアを置き去りにして、的場シルクダイドウと戸崎ドラゴンシップの
激しい先陣争いが続いた)





silk_daido120905-1.jpg
(勝利の女神はシルクダイドウに微笑んだ。
的場文男騎手渾身の騎乗で、みごとメイン『千葉日報賞』に優勝!
名手同士の戦いに、炎天も束の間忘れた)







先週末の久しぶりにまとまった雨のおかげで、ほっと一息ついたのも束の間、
今日はまた猛暑がぶり返した。
楽しみにしていた地元、船橋競馬開催の最終日なのでぎらつく空を
うらめしく思いつつも、いそいそと競馬場へ。

炎天下のパドックは、はりついているだけでめまいがしてきそう。
周回する人馬は、さぞ大変だろうなぁ。
それでも涼しげな目元の馬と目があったりすると、少し安心もした。

パドックを見渡せるベンチで食べたかき氷、
馬場入りした馬たちを眺めながらスタンドで飲んだ生ビール、
夏ならではの楽しみも味わいつつ。

メインの『千葉日報賞』は、モエレベオウルフの同厩、シルクダイドウが
みごとに優勝した。
パドックでは太い眉毛のようなブリンカーがやたら気になったが、
青光りする馬体はみごとだった。

次は今月末。
その頃にはだいぶ涼しくなっているだろうか。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top