カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

`船橋競馬場の馬人(うまびと)たち'

moere_pink_dia120905-1.jpg
(競馬サークルの素顔が楽しかった
『ふれあい写真展ー船橋競馬場の馬人たちー』。
※写真は、パドックの様子。馬名は、モエレピンクダイヤ
・・・2012年9月5日、千葉・船橋競馬場にて。

★モエレピンクダイヤ
2009年4月29日、三石生まれ。牝。鹿毛。
父ゴールドヘイロー、母イブキピンクレディ<ノーザンテースト>)





今日は、船橋市市民ギャラリーで開催中の『ふれあい写真展
ー船橋競馬場の馬人(うまびと)たちー』へ。

船橋競馬場は地理的に近いこともあって、親近感の強い競馬場。
この写真展は、競馬サークルの人たちが競馬サークルの人と馬を撮ったと
いうので、とても楽しみにしていた。

厩務員さんや装蹄師さん、職員さんや競馬ライターさんなど仕事仲間が撮った
写真だけに、どの写真からも親しさが伝わってくる。
騎手や厩舎の人たちのカメラに向けるまなざしのなんと優しいこと。
レースでは決して見せない素顔がそこにあった。
レースを離れた馬たちの表情も柔らかい。

特に気に入ったのは猫のいる写真。
この写真展を企画した船橋競馬の厩務員で写真家の津乗健太さんによるもので、
どれも、思わず頬が緩む。
厩舎の事務室らしきところで、きちんと並びストーブを囲む三匹の猫の後姿には
参った。

肩の力を抜いて、アットホームな見せ方をした写真展。
船橋競馬に一段と親しみがわいた。

※メモ
同写真展は、10月7日(日)まで。
問い合わせ先は、船橋市市民ギャラリー<電話047-420-2111>まで。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/797-0134252b

 | HOME |  ▲ page top