カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

シャインケニー

roze121014-1.jpg
(ローズガーデンでは、秋のバラが咲いていた・・・2012年10月14日、
東京競馬場にて)




shine_kenny121014-1.jpg
(4レース、2歳新馬戦。
つぶらな瞳のかわいい女の子みっけ!
私的、ポスト・アパパネ?!
アグネスデジタルの娘、シャインケニー。

★シャインケニー
2010年4月26日、浦河生まれ。牝。鹿毛。
父アグネスデジタル、母シアトルギャル)




shine_kenny121014-2.jpg
(江田照男騎手を背に、本馬場へ)




sakura_grand_reve121014-3.jpg
(レース。
好スタートを切り先頭へ。
そのまま逃げ切るかに見えたが、直線でサクラグランレーヴと
サークルオブライフに交わされて3着。残念!
次走も応援に行くよ~っ!ケニーちゃん)




sakura_grand_reve121014-2.jpg
(口取りに向かうサクラグランレーヴ。
一番人気に応えた。

★サクラグランレーヴ
2010年3月19日、新ひだか生まれ。牡。鹿毛。
父アルデバランⅡ、母サクラエンプレス)




tennousyou121014-1.jpg
(今年はどんなレースになるのだろう。楽しみな天皇賞)




denko_octopus121014-1.jpg
(9レース『東京ハイジャンプ』。
優勝馬、デンコウオクトパス。
父さん、そっくり!

★デンコウオクトパス
2007年4月12日、新ひだか生まれ。牡。鹿毛。
父マヤノトップガン、母シルキーマニッシュ)




denko_octopus121014-2.jpg
(レース。
西谷誠騎手を背に、みごと障害をクリア、3,110メートルを
コース・レコードで完走した)




denko_octopus121014-3.jpg
(6月の東京ジャンプステークスに続き、
これで重賞二勝目)




denko_octopus121014-4.jpg
(栄光の手綱を握り締めて)




denko_octopus121014-5.jpg
(暮れの中山大障害へ大きくはばたくか!デンコウオクトパス)





先週から始まった府中。
今日やっと行くことができた。
昨日のように今日も麗らかな秋日和、と思い込んで行ったらとんでもない。
薄着の身には風が冷たく、おまけに雨もぽつり、ぽつり。

なんだか落ち着かない日になってしまったが、それでも久しぶりに
たくさんの馬を間近に見られて大満足。
場内は西で秋華賞があるせいか、いつもの熱気が消え、静かだ。

新馬戦では、シャインケニーというかわいい牝馬をみつけてうれしくなった。
つぶらな瞳、垢抜けした馬体、きびきびした動き、
パドックを周回する姿に目が吸い寄せられる。

アパパネを初めて見たときも、こんな気持ちだったなぁ。
もしかして、シャインケニーは、ポスト・アパパネになるかも?!
レースは残念ながら3着と敗れ新馬勝ちはできなかったが、そういえば
アパパネも初戦は3着だった。

ジャンプレースの重賞『東京ハイジャンプ』は、マヤノトップガンの息子
デンコウオクトパスが、6月の『東京ジャンプステークス』に続き優勝。
レコードで重賞二勝目を飾った。
暮れの中山大障害が楽しみになってきた。

ジャンプレースはいつ観てもドキドキ、ハラハラ。
今日も3頭が落馬したり競走中止したり、残念な結果になった。
後で、どの人馬も異常なしと知りほっとしたが。
空馬が必死に障害を飛び、懸命に駆ける姿はいつ見ても切なく胸が熱くなる。

さて、ターフビジョンに大写しになった秋華賞。
ヴィルシーナ、トーセンベニザクラ、アイスフォーリス、ミッドサマーフェア、
ずっと応援してきた馬たちの応援馬券を握り締めて祈る。

レースはチェリーメデューサの大逃げにどっと沸いたが、
ヴィルシーナが交わしにかかった外からジェンティルドンナが強襲。
ほとんど馬体が重なって見えたが、どうもジェンティルの勝利が濃厚。
それでも一縷の望みを抱いて画面をみつめる。

その判定の長いこと。
やっと着順が掲示され、1着に14番の馬番が出た。
ヴィルシーナはハナ差の2着。
ああ、またしても!なんと大きなハナ差だろう。
なんとか最後の一冠はとらせてあげたかった。

2012年10月14日、4頭目の三冠牝馬が誕生した。
ジェンティルドンナ、また一頭、競馬史に残る名牝が現れた。







★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/803-36f47396

 | HOME |  ▲ page top