カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

新月

今日から12月。
新しい月が始まり新しい週が始まったというのに、心は11月28日で
止まってしまったみたいだ。

仕事をしていても、ふとクリヨンのことが浮かんできてはじわっと涙が滲む。
街中のイルミネーションもクリヨンの美しかった瞳にみえてくる。
心にぽっかりと穴があく、ってこういうことをいうんだな。

ふっと、馬友達から来ていたメールを思い出して探してみる。
新月にお祈りをすると願うが叶うという『新月通信』を毎月送ってくれている。
私の願いは、馬のことに決まっているがいつも多すぎて迷うばかり・・・。

日付を確認してみて驚いた。
最新の新月はやっぱり11月28日、クリヨンが亡くなった日だった。
よく、満月には生命が誕生すると聞く。
人間を含めて、地球上のあらゆる生物は満月を待って生まれてくるのだと。
だとしたら、新月には逆に命の終わりがあるのでは、とハッとして
メールを見直してみたのだった。

馬友達のメールによれば、11月28日の新月は午前1時55分。
それから8時間以内が最もパワーが強いという。
単なる偶然に過ぎないかもしれないが、クリヨンは新月のパワーが消え去った頃の
午後7時過ぎに12年の命を終えた。

地上での使命を終えて天に還っていったのかもしれない。
細い三日月を見上げながら、そう思う。

コメント

チモシーさん、こんにちは
 クリヨンの生涯は、満ち足りていたと思います。
いつも沢山の方々に見守られて、お別れに駆け付けてくれる人たちも居て…
 12歳は若いかもしれないですが、
【どれだけ生きたかじゃなくて、どう生きたか…】
クレイドルファームの堀江さんのお言葉なんですが、本当にそうだな~~~っていつも思います
 この世の中に、人知れず一生を終える馬の多い事…こうやって皆さんの貴重な人生数年間に、一緒に加わって存在したことは、クリヨン本人もきっと満足していることと思います。
 
 馬の死は大きな喪失感ですネ…
一緒に生きた時間は、馬の偉大さを感じますネ 

 馬に関わる全ての人が、こうやって一緒に生きた馬の死を悼んで欲しいですネ

 御冥福をお祈りいたします  氷野

一頭でも多くの引退馬が

>氷野さん、こんばんは。

確かに、「どれだけ生きたかよりどう生きたか」が大切ですね。
クリヨンは長生きはできなかったけれど、充実していたことは
確かだったと信じています。

そして一頭でも多くの引退競走馬がクリヨンのように
幸せな余生が送れたらと願わずにはいられません。

そのために人間たちが何をすればよいのかを、
クリヨンは身をもって示してくれたのかもしれませんね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/86-731836de

 | HOME |  ▲ page top