カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

祝!初勝利 ネコタイショウ

neko_taisho130317-3.jpg
(期待のネコタイショウが本日、福島競馬で念願の初勝利!
この日をず~~っと待っていた。
※写真は、3歳未勝利戦4着時・・・2013年3月17日、千葉・中山競馬場にて。

★ネコタイショウ
2010年4月6日、浦河生まれ。牡。鹿毛。
父サムライハート、母パシェンテ
<ダンシングブレーヴ>)




願ったとおり、みちのくから吉報が届いた。

福島3レース、3歳未勝利戦。
福島まで届くか分からないけれど、ひたすら祈りを込めて
テレビ画面をみつめる。

グリーンチャンネルの映像が福島競馬場に切り替わった途端、
一面、雨だれ。
中山は豪雨一過の暴風、阪神は暴風一過の晴天。
日本がつくづく長い地形であることを実感。

ま、それはさておき、スタート。
ネコタイショウは、ポーンと好スタートを切るとそのままハナへ。
快調にコーナーを曲がりいよいよ直線。
迫り来る後続をグッと突き放し、気がつけば大差をつけて先頭ゴールイン!
絵に描いたような圧勝劇を演じて初勝利を飾った。
後で知ったけど、その差6馬身、そして一番人気。

どれほど、この日を待ち続けたことだろう。
終始先頭を切っていたのだから、シャドーロールはきっと白いまま。
かつて、ナリタブライアンが雨の菊花賞で優勝したときは
真っ白なシャドーロールが鼠色に変わっていた、なんてことを
懐かしく思い出しつつ・・・。

ネコタイショウ快勝の余韻に浸りたいのに、窓の外は相変わらずの暴風。
薄い窓ガラスが割れてしまうのでは、とヒヤヒヤしつつレース実況を観続ける。
今日はなんといっても桜花賞ははずせない。

阪神は風が強いようだが雨は上がり、満開の桜も散ってはいない。
花の乙女たちの舞台は整っているようで安心した。

福島メイン「福島民報杯」はキョウエイストームが、
中山メイン「春雷ステークス」ではテイエムオオタカが、
共に3着に入り、復活の兆しを見せてくれた。

いよいよ桜花賞。
パドックでやっぱり一番良く見えたクロフネサプライズが
ゴール前で伸びず4着。
落馬負傷した丸山元気騎手から乗り代わったクリスチャン・デムーロ騎手の
アユサンが、人気のレッドオーヴァルを退けてみごと、第73代桜花賞馬に輝いた。
オーヴァルの鞍上は、兄のミルコ・デムーロ騎手。
みごと兄弟で桜花賞ワン・ツーとなった。

戦い済んで日が暮れて・・・。
いつのまにか、あれほど凄かった風もやんで、外は晩春の夕暮れ。
なんだか、すごくぐったり。
GⅠ、特にクラシックレースの後はいつもこうだ。
来週は皐月賞。またまた、ぐったりするのかな。
ま、こんな疲れは嫌じゃないし。





★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/864-a20ef48a

 | HOME |  ▲ page top