カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

動悸やまず、中山グランドジャンプ

yaezakura130413-3.jpg
染井吉野は終わっていたが、今度は満開の
八重桜を観ることができた・・・2013年4月13日、
千葉・中山競馬場にて)




yaezakura130413-4.jpg
(ぽってりと咲く八重桜も、かわいい)




blackstairmountain130413-1.jpg
(本日のメイン、中山グランドジャンプ。

アイルランドからやってきた、ブラックステアマウンテン。
周回中、ずっと舌を出しっぱなし。
前走で日本のコースをマスターしたかな?!

★ブラックステアマウンテン
2005年3月8日、愛国生まれ。セン。鹿毛。
父Imperial Ballet、母Sixhills)




meiner_neos130413-1.jpg
(一昨年の優勝馬、マイネルネオスの復活に期待!

★マイネルネオス
2003年3月30日、新冠生まれ。牡。鹿毛。
父ステイゴールド、母マイネプリテンダー)




rikiai_kurofune130413-1.jpg
(今日も元気いっぱい!
気配絶好のリキアイクロフネ。

ホップ、ステップ、ジャンプで初挑戦のJ・GⅠ。
どんなレースを見せてくれるか、
今から、ドキドキ、ハラハラです。

★リキアイクロフネ
2007年4月20日、むかわ生まれ。牡。鹿毛。
父クロフネ、母エイダイヒロイン<ユキノサンライズ>)




golden_guts130413-1.jpg
(レースは、とんでもないことでドキドキ、ハラハラさせられることになった。

最終障害で、思いも寄らぬ事態が発生。
馬群はすでに4コーナーを曲がり、直線に向かっていた)




blackstairmountain130413-2.jpg
(先頭で飛越したブラックステアマウンテンが優勝。
ほんの少し前、まさにその位置に空馬が佇んでいた)





今日は中山グランドジャンプ。
ペガサスジャンプステークスを快勝したリキアイクロフネと
復活に期待をかけるマイネルネオスを応援に、好天の中山へ。

満開になった八重桜も見ることができ、春の中山を満喫。
最終飛越を見ようと、4コーナーとゴールの間にある最終障害のまん前にスタンバる。

いよいよレースが始まった。
と、いきなり一頭が落馬して空馬で駆け出した。
そのあおり受けたのか、もう一頭が止まってしまい関係者の方が手綱を押さえて
コースの端で待機している様子が見える。

空馬となったのはゴールデンガッツ。
目の前を駆け抜けたとき、手綱が体に絡んでいるようにみえた。
だいじょうぶだろうか、脚に絡まないだろうか、驚いて暴れないだろうか。

心配になってずっと目で追って行ったら、向こう正面に姿が見えた。
ふっと目線をレースに移したら、すでに3コーナーから4コーナーへ。
と、次の瞬間、信じられない光景を見た。
ゴールデンガッツが4コーナー方向から駆けてきて、目の前の最終障害で
ピタッと止まってしまったのだ。

えーっ、どうなるの!?
と、馬場の中から猛烈な勢いで数人の関係者がダッシュしてきた。
そして馬の手綱をしっかり掴んで、障害の外へ引っ張り出そうとするが
固まってしまったように動かない。
馬群は直線に向かっている。

ドキドキ、ハラハラしながら見守っていると、必死の働きでなんとか障害から移動。
ほっとした途端、ダダーッと飛越する音。
夢中でシャッターを切ったら、優勝馬はなんとか撮れたけど、リキクロ君はお尻だけ、
ネオス君は一枚も写っていなかった。

思わぬアクシデントに気をとられてしまい、肝心な瞬間を撮れなかったなんて、
あぁ、まだまだ修行が足りない。
気をとり直してゴール方向を見ると、リキアイクロフネがブラックステアマウンテンに
グングン迫っていき、2着でゴールイン。
マイネルネオスは掲示板に載れなかったが、今回は無事にゴールできて安心した。

それにしても、ブラックステアマウンテンが飛越した位置は、
まさにゴールデンガッツが佇んでいたところ。
もし、あのまま空馬ガ動かなかったら・・・
もし、馬群が殺到したら・・・
もし、空馬が暴れたら・・・

関係者の方々の必死の働きで、最悪の事態にならずに本当に安心したが、
色々想像するとドキドキしてしまい、家に帰ってからも動悸がやまず。
改めて、競馬は常に危険と背中合わせであることを思い知らされた。

全馬無事でという祈りも空しく、結局3頭が競走中止してしまった。
ゴールデンガッツとカピターノは人馬共に異状なしと知り、安堵したが
もう一頭疾病を発症して中止したメルシーモンサンは、左前繋靭帯不全断裂という
重症。なんとか回復できますようにと祈るばかりだ。

今日、好結果を残したリキアイクロフネは、きっと暮れの中山大障害に行くんだろうな。
そのときはレースだけでドキドキしたいよぉ~っ!






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/872-9b556ba6

 | HOME |  ▲ page top