カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

健在なり! アサヒエンペラー

asahi_emperor110610-3.jpg
(健在なり!第53回<1986年>ダービー3着馬、
アサヒエンペラー・・・2011年6月10日、
新ひだか・静内西川、Rolling Eggs Club
<ローリング・エッグス・クラブ>にて。

★アサヒエンペラー
1983年4月3日、浦河生まれ。牡。黒鹿毛。
父コインドシルバー、母アサヒタマナー)





81年前の今日、1932(昭和7)年4月24日は、
第1回日本ダービーの行われた日。
優勝馬はワカタカ。
途中、第二次大戦前後の2年間は空白となったものの、今年で80回を迎える。
79頭の優勝馬を全て見届けた競馬ファンは、果たしているのだろうか?!

私が初めてダービーを見たのは、1986年5月25日。
応援していたダイナコスモスは敗れ、先頭ゴールインを果たしたのは
同じ勝負服のもう一頭、ダイナガリバーだった。

そのときの出走馬のうち、今も健在なのは何頭くらいいるのだろう。
菊花賞でターフに散ったサニーライトも含め、知る限りでも
好きだったダイナコスモスもラグビーボールも、フレッシュボイスもシンチェストも
そして優勝馬ダイナガリバーも天に召された。
健在なら、今年30歳。
きっと、数えるほどしか残ってはいないだろう。

その中で3着馬、アサヒエンペラーは今も健在でいてくれることが
なによりうれしい。
縁あって、種牡馬時代、乗馬時代からの長いつきあいになった。
乗馬も引退した後、ふるさとの日高へ帰ることができた稀有な元競走馬。
馬を大切に思うたくさんの人たちに見守られて、静かな余生を送っている。

五冠馬シンザンに輸血したエンペラー。
シンザンの長寿記録も塗り替えてほしいものだ。
そしてエンペラーには、天国に旅立った同期たちの分も元気で
長生きしてほしいと心から願う。

今年は第80回の記念競走になるという。
さて、第80代ダービー馬は果たして?!
そして第100代ダービーもこの目で見届けたいものだ。






★ 被災馬のためにできることを!
安否情報・支援活動・支援金募金掲載サイト「被災馬INFO」へ

(※→こちらをクリックしてください)
hisaibainfo-link.jpg




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakura080323.blog96.fc2.com/tb.php/881-9abbf0fa

 | HOME |  ▲ page top