FC2ブログ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

日本三駒

miharugoma080820-1.jpg
<福島競馬場のゴールでもお馴染みの三春駒。ちなみに競馬場では、
 芝に黒馬、ダートに白馬が立っている・・・2008年8月20日、千葉・鎌ケ谷にて>


貴重な休日。
朝のうちに、ブドウ、スイカ、三春駒と3枚を描いた。

ブドウは、イタリア種のピッテロビアンコ。別名レディ・フィンガーというように、
細長い果実が特徴。
スイカは秋田産。三春駒は福島産。
と、出身地をたどるとそれだけでも楽しい。

ブドウ、スイカはなんとか描けたものの、三春駒はガタガタ。
まるで馬とは別物に仕上がった。
でも、これが私の今の力量。ちゃんと両目を見開いて受け入れなくては・・・。
いつか、誰が見ても三春駒と分かる絵を描くからね、
それまで我慢してね、モデルの黒馬君!

午後からは青森の旅を申し込みにJTBへ。
予定通り、旅の拠点にしたい八戸市内のホテルが取れ、往復の新幹線もだいじょうぶそうで
ほっ。
しかも、早期予約ということで一泊につき1,000円の割引がきいて、かなりの割引になり
ちょっとうれしい。
さらにさらに、東北の旅を予約するとくじびきができて、はずれでももれなく
ANAパッケージのキャラメルをもらってしまい、またまた得した気分。

これで青森への足と宿が確保できたので、後は現地で臨機応変に予定を組んで・・・っと。
見知らぬ土地へ行くのは本当にドキドキ、ワクワク・・・いつでも、馬たちが初めての地へ
と誘ってくれる。
初めての青森馬訪ね旅も、どんな出会いがあるのか今から楽しみだ。

そして、旅の拠点八戸といえば、福島県三春の三春駒、宮城県仙台の木下駒と共に
日本三駒と称される八幡馬の発祥地と知った。
おみやげは、もちろん八幡馬で決まり!

青森の馬たち

「競走馬のふるさと東北案内所」と記された水色の大きな封筒が届いた。
頼んでいた牧場地図だ。わくわくして封を切る。

以前から思い描いていた東北の牧場巡りをこの秋、実行することにした。
東北といっても広いので、まずは会いたい馬が集中している青森県内を回ってみたい。

牝馬のクールハート、ユウミロク、アトムピット、牡馬のウイングアロー、ダイタクヘリオス、
スーパーナカヤマ、サニングデール、シルバーチャームなどなど、青森にはたくさん
会いたい馬たちがいる。
いつも上空を通過するばかりだったが、やっとそのときが来た!?

早速、競走馬のふるさと東北案内所に牧場地図があったら送っていただきたい、と
電話で問い合わせると色々とご親切にお話していただき、地図は所定の切手を添えて
申し込んでほしいとのことだった。

届いた地図には、特に会いたい馬たちの牧場までの道順が書き入れられた小地図が
添えられていて、案内所の方の決め細やかな対応がうれしい。
早速、見開きにした新聞ほどの大きな地図を広げて、馬たちの名前を書いた付箋を
貼り付けてみる。
すると牧場の位置関係が一目瞭然、これで旅の計画が立てられるぞ!

そして青森の牧場巡りには、もうひとつ楽しみが。
最終日には弘前まで足を伸ばして、岩木山の麓に広がるりんご園を訪ねてみたい。
秋は大好きなりんごが熟すとき。
まっかなりんごがたわわに実る様子を一度じっくり見てみたい、とずっと思ってきた。

お盆が明けたら、早速旅の手配をしなくっちゃ。
«  | HOME |  ▲ page top