FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

亀戸の山茶花、楽しみ

sazanka181123-2.jpg
(山茶花は、12月4日の誕生花。花言葉は、「謙譲」「理想の恋」
・・・2018年11月23日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)



朝、目覚まし代わりにつけたラジオから「今日の誕生花は、山茶花です。
花言葉は、、「謙譲」「理想の恋」」というアナウンスが聴こえてきた。
お、山茶花!
寝ぼけ眼で耳をダンボにしていたら、「山茶花が区の花となっている江東区の
亀戸中央公園には、さまざまな山茶花が植えられている」とも。

ぼかしや絞りの花もある、というので行ってみたくなり、
早速ネットで調べてみたら、本当に色々な山茶花が広い園内にたくさんあるようだ。
きっと、まだ咲いているはず。週末あたりに出かけてみよう。

‘早起きは三文の得’というけれど、寝たままでも、お得な情報が耳に入ってきた!?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

いよいよ師走・・・

kouyou181123-1.jpg
(紅葉が進むと、そろそろ今年も終わり・・・2018年11月23日、
千葉県船橋市・ふなばしアンデルセン公園にて)



12月が始まって、もう3日。いよいよ、師走。
ペラペラになったカレンダーを横目に、
気ばかり、あせる。

クリスマスリースを玄関に飾り、天井まで届いたカボックに
イルミネーションを巻き付け、
クリスマスカードを出して、クリスマスプレゼントを贈って、
カレンダー、年賀状の注文をして、ヘアカットに行って、
もちろん、大掃除も忘れずに・・・ふぅ~。

なにごとも早目、早目に済ませてちょうどいいのが年の暮れ。
そう自分に言い聞かせて、予定リストを作って、
いざ、かかれ~っ!?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

お腹に優しい、蕪雑炊

sazanka181123-1.jpg
(山茶花といえば、木枯らし。その1号が今年はまだ吹かない。
11月中に吹かないと、木枯らし1号と呼べないという
・・・2018年11月23日、千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



昨日はちょっとしたお祝いがあって、よく飲み、よく食べた。
ふだんは食べない食後のスイーツまで、しっかりと。

今夜はフルに働いてくれたお腹をいたわって、
蕪(かぶ)の雑炊にしてみた。
生でも火を加えてもおいしい蕪は、冬の名脇役。
それが今日は、一躍主役に抜擢された感じ。

まずは数時間前に、土鍋にお米と頭とワタを取った煮干しを入れて、
水を張っておく。

時間になったら、実と葉を切り離しておいた蕪を
実は薄く半月切りにし、葉は細かく刻む。

土鍋に蕪を入れたら、まずは強火、吹いてきたら
弱火にして、コトコトしばらく煮込む。
お米が柔らかくなっていたら、味噌を溶き入れて
優しく混ぜれば、できあがり。

煮干しのだしに蕪の甘みが溶け合って、なんともお腹に優しいお味。
土鍋いっぱいの雑炊が、みるみるなくなった。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

空と地で華やぐ、ダリア

dahlia181123-1.jpg
(澄んだ秋空に、皇帝ダリアが紫がかったピンクの花を透かせて
・・・2018年11月23日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)



dahlia181123-2.jpg
(皇帝というより、美しいお妃という感じ。
うっとりして、しばし、見上げていた)



dahlia181123-3.jpg
(天空のダリアに劣らず、地上のダリアも華やかに)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

土から生まれ、土に還る

suisen180217-4.jpg
(冬から早春を彩ってくれる、日本水仙
・・・2018年2月17日、千葉・船橋、ふなばしアンデルセン公園にて)



小春日和の今日は、絶好のガーデニング日和。
ずっと気になっていた、庭の片づけをした。

夏の終わりから秋にかけて、ミニトマトや朝顔のつる、
抜き取った雑草、剪定した槿や紫陽花、雪柳などの枝を
庭の一角に積み上げておいたら、小山のようになってしまった。
冬が来る前に、これをスッキリさせなくちゃ。

まずは、地面に広めで深めの穴を掘り、そこへ
つるや草を足で押し付けながら、ぎゅうっと詰めたら
小山がぐっと小さくなった。

次に、支柱に使えそうな枝をより分けてから、
細い枝葉を短く切って、これもその上に。

最後に残った太い枝や幹は、束ねてゴミ収集へ。
本当はこれもチップ状に砕けたらいいんだけど、
そんな機械もないので、捨てるしかない。

土から生まれた命は、土に還り、
新しい命を育む。
庭仕事を続けるうちに、自然に教えられた。

だから、小さな枯葉一枚でも捨てないで土に還している。
キッチンから出る野菜くずも、土に埋めておけば、
きれいに土に還り、野菜や花を育んでくれる。

なんて自然はよくできているのだろう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
«  | HOME |  » ▲ page top