カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブログ内検索


最近の記事


最近のコメント


プロフィール

チモシーグラス

Author:チモシーグラス
がんを経験してみて、改めて生きるすばらしさに目覚めました。

大好きな馬のこと、愛猫のこと、草花のこと、健気に生きるさまざまな命の輝きを、四季折々に綴ります。


なお、当ブログ『チモシーファーム』の画像と文章の無断転用を、固く禁じます。


カテゴリー


月別アーカイブ


最新トラックバック


ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

早咲きの梅見頃に、清水公園

ume180218-1.jpg
(早咲きの白梅、紅梅が見頃に・・・2018年2月18日、千葉・野田、清水公園梅林にて)



ume180218-2.jpg
(去年と比べて、開花が遅れているようだ)



ume180218-3.jpg



ume180218-5.jpg




ume180218-4.jpg



ume180218-7.jpg




ume180218-6.jpg




そろそろ梅が見頃になっているはず、と、久しぶりに清水公園へ。
が、早咲きの紅白の梅は満開になっていたものの、梅林の色づきはまだまだ。
去年も同じ頃に出かけたが、あの日は公園入口の枝垂れ梅をはじめ、
梅林でももっと色々な梅が咲いていた。

そんなことを思いながら歩いていたら、同じようにカメラを手にした人が
つぶやくともなく、「今年は遅いねぇ」、思わず相槌を打つ。
やはり、大雪と連日の厳しい寒気のせいか。
ま、自然は思うようにはいかない、よね。

でも、梅林の梅はどれもつぼみをびっしりつけて、今にもはじけそう。
満開の日が、楽しみ。

そして夜。
封を切ったのは、奈良の美酒「梅の宿」。
こちらは、すでに満開の味だった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

水仙、そして山雀、四十雀、アンデルセン公園

suisen180217-1.jpg
(思いがけずに、日本水仙の群落に出合えた・・・2018年2月17日、
千葉・ふなばしアンデルセン公園にて)



suisen180217-2.jpg
(もう今年は、
美しい日本水仙は見られないと思っていたのに)



suisen180217-4.jpg
(清々しい香りも、日本水仙ならでは)



yamagara180217-2.jpg
(いきなり、小鳥がそばに飛んできた。後で調べたら、山雀<やまがら>)




yamagara180217-1.jpg
(名前は知っていたけど、こんな間近で見たのは初めて。
かわいい!)



shijyuukara180217-1.jpg
(四十雀<しじゅうから>も山雀と一緒に群れていた。
四十雀は庭でも見かける、かわいいおなじみさん)



shijyuukara180217-2.jpg
(葦の茂みで、四十雀の群れが、プチプチ、プチプチ、何かをついばんでいた)



今日は、早春のアンデルセン公園へ。
やはり、梅も桜もまだ、まだ、と、ちょっとうつむき加減に歩いていたら、
なんと、日本水仙の群落。
えーっ、アンデルセン公園に日本水仙があったの?!

それだけでも驚いたのに、さらに、今年は大雪のせいで、
どこへ行っても水仙は花茎が折れて悲しい姿になっていたのに、
ここの花は、凛と咲いている。
よく見れば、やはり長い茎の花は折れ曲がっていたけど、それでも
雪の後に咲いたのか、短い茎の花は美しい。

雑木林の落ち葉から伸びた日本水仙を延々たどって歩いていったら、
いつしか水辺にたどり着いた。
と、いきなり、目の前の落ち葉の上に、小さなかわいい野鳥。
四十雀(しじゅうから)でもない、尉鶲(じょうびたき)でもない。
初めて見る鳥だ。
後で調べたら、山雀(やまがら)だった。
一緒に、四十雀の群れも飛んでいる。

日本水仙と山雀、思いがけない出合いの一日になった。
山雀ちゃん、また、会いたいな!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ぶちゃいくでも、鯛のさしみ

matumushisou180215-1.jpg
「西洋松虫草」

(薄紫の花色とレースのドイリーみたいな花姿に惹かれて
・・・2018年2月15日、千葉・鎌ケ谷にて)



長い間工事中だった船橋の駅ビルが、先週リニューアルオープンした。
たまたまその日に居合わせたので、ちょっと寄ってみようとしたが、
ものすごい人出で、早々に引き上げた。

そろそろ落ち着いた頃と、今日、改めて出かけてみた。
なにより、新鮮な魚と野菜売り場が充実しているのが魅力。
特に鮮魚売り場は、新潟直送ということで、生きのいいのが丸ごとずらりと並んでいる。

鯵(あじ)、鰤(ぶり)、鰯(いわし)、めばる、さより、太刀魚などなど、
そして松葉蟹まで勢ぞろい。
今夜は久しぶりに、丸ごと捌いて、さしみにする予定。
あれこれ迷ったけど、やはり、今日はご祝儀気分で真鯛を調達。
いなせなお兄さんに、うろことわたをとってもらって。

魚の捌き方の本とにらめっこしながら、出刃を握りしめ、みごとな鯛と格闘?!
骨が固くて、皮も厚い。
とても、スーパーで見かけるようなスパッとしたさくにはならない。

でも、みかけはぶちゃいくでも、味はいい!
紫蘇の葉を敷き詰めた大皿に、そぎ切りした切り身を並べて、はい、できあがり。
そして、身がたっぷりついたアラは、明日の出番。
さて、どんな風に料理しようかな。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

天国のくりちゃんへ

sakura051220-1.jpg
(わが家に来てまもない頃のさくらは、大好きなくりおばあちゃんに
べったりだった。

写真は、2005年12月20日、千葉・鎌ケ谷にて)



sakura060121-1.jpg
(雪が降った日に・・・写真は、2006年1月21日)



sakura060121-2.jpg
(くりおばあちゃん、あったか~い)




sakura060125-1.jpg
(仲良く並んで・・・2006年1月25日)



今日は、2007年に19歳で天国へ旅立った、先代猫くりちゃんの命日。
くりちゃんと同じように捨て猫だったさくらは、
くりにそっくりな雉猫の雌だったので、引き取ることに決めたのだった。

爪を出さない、かみつかない、むぎゅっと抱きしめても嫌がらない、
ほんと、くりちゃんはいい子だった。
それに比べて、さくらは・・・。

一緒に暮らしたのは1年ちょっとだったけど、くりおばあちゃんが大好きで
いつもぺったり甘えていた。

あの日も、暖かな冬の陽が、窓辺に横たわる
くりちゃんを包み込むように、優しく降り注いでいた。

くりちゃん、天国で元気にしていますか?
どうか、これからもさくらのことを見守っていてくださいね。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ちょっぴり、春らしい庭に

boke170319-3.jpg
(白から紅へとグラデーションの美しい木瓜に出合った。

※写真は、2017年3月19日、東京・新宿御苑にて)


boke170319-1.jpg



boke170319-2.jpg



昨日、関所(定期検診)も無事通過したので、
今日はゆっくり、春の花苗や春野菜の種を探しに、ホームセンターへ。
気温も上がり、歩くのも気持ちがいい。

種は春まきの袋がびっしり並んでいて、選ぶのに迷うほど。
結局、小松菜、春菊、ほうれん草、ラディッシュ、小葱、枝豆を買う。

花苗はほしかったパンジーやビオラが今一。
この冬の厳しい寒さでいじけてしまったようで、手が出ない。
代わりに、紫とピンクのヒヤシンス、花かんざし、松雪草、プリムラを買う。

思いがけない予定外も。
秋に植えられなかった百合の球根があった。
説明書を見ると、4月くらいまでなら大丈夫そう。
ずっと植えてみたかった山百合をみつけたので、思いきって3球買う。

開花は7月とある。
大輪の山百合が咲いたら、さぞ華やかだろうなぁ。
どうか、無事咲いてくれますように。

午後から早速、植え替え。
山百合は、枯れてしまった木瓜の跡に埋めた。
花苗は鉢に入れて、日のよくあたる場所へ。
これで、ちょっぴり春らしくなってきた。

3時のおやつは、途中の和菓子屋さんで買った‘めじろ餅’。
黄緑の黄な粉にまぶされたお餅は、
柔らかくて、ほわほわで、ほんと、めじろみたい。

さぁ、3月になったら、野菜の種まきを始めよう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

«  | HOME |  » ▲ page top